機能性表示食品データベース検索

1-2件を表示中 / 合計2件

表のセルをタップすることで詳細情報を開くことができます。

パッケージ 商品名 会社名 食品区分 食品名称 評価方法 機能性関与成分 含有量 摂取目安量 届出効果(略) 届出効果(全) 対象者 安全性評価 確認を行った事業者団体等の名称 届出日 更新日 販売予定日 撤回日
G1323 【G1323】
一番摘みのお~いお茶 玉露入り
株式会社伊藤園 加工食品(その他) 緑茶 SR(成分) ガレート型カテキン、テアニン ガレート型カテキン340mg(茶葉16g抽出後)、テアニン100.6mg(茶葉8g抽出後) BMIが高めで体脂肪が気になる方は茶葉16g認知機能(作業記憶)が気になる方は茶葉8g(摂取の方法による) BMIが高めの方の体脂肪を減らす。認知機能のうち作業記憶(問題解決で必要な、複数の情報を保持し正しく処理する能力)を一時的にサポートする。 本品にはガレート型カテキンとテアニンが含まれます。ガレート型カテキンには、BMIが高めの方の体脂肪を減らす機能があることが報告されています。テアニンには、認知機能のうち作業記憶(問題解決で必要な、複数の情報を保持し正しく処理する能力)を一時的にサポートする機能があることが報告されています。 BMIが高めの健常者または健常者 喫食実績の評価 2022/02/28 2022/06/03 2022/09/12
G949 【G949】
働くアタマとカラダの脂肪に ホップ効果
INHOP株式会社 加工食品(サプリメント形状) 熟成ホップエキス含有食品 SR(成分) 熟成ホップ由来苦味酸 35mg 1日1回4粒 加齢により低下する認知機能の一部である注意力(集中して複数の視覚情報を同時に正しく判断して処理する能力)の精度の向上に役立つ。BMIが高めの方のお腹周りの脂肪(体脂肪)を減らす。 本品には熟成ホップ由来苦味酸が含まれます。熟成ホップ由来苦味酸には、加齢により低下する認知機能の一部である注意力(集中して複数の視覚情報を同時に正しく判断して処理する能力)の精度の向上に役立つ機能が報告されています。また、熟成ホップ由来苦味酸には、BMIが高めの方のお腹周りの脂肪(体脂肪)を減らす機能があることが報告されています。 健常な中高齢者、BMIが高めの方 安全性試験の実施 2021/12/02 2022/05/27 2022/03/31