一覧へ戻る

ノエビア アクティブシェイプ

商品詳細

届出番号 H581
商品名 ノエビア アクティブシェイプ
会社名 株式会社ノエビア 他製品
ウェブサイト https://www.fld.caa.go.jp/caaks/cssc01/
表示しようとする機能性 血管の柔軟性の維持;コレステロール値を改善;中性脂肪を抑える;血糖値の上昇を抑える
本品には、ターミナリアベリリカ由来没食子酸と松樹皮由来プロシアニジンB1及びB3 が含まれます。ターミナリアベリリカ由来没食子酸には、食事に含まれる脂肪や糖の吸収を抑えて、食後の中性脂肪や血糖値の上昇をおだやかにする機能が報告されています。松樹皮由来プロシアニジンB1 及びB3 には、悪玉(LDL)コレステロールや総コレステロールを下げる機能、加齢とともに低下する血管の柔軟性(血管を締め付けた後の血管の拡張度)維持に役立つ機能があることが報告されています。
想定する主な対象者 健常成人で、食後の中性脂肪や血糖値が気になる方、悪玉(LDL)コレステロールが正常域(140 mg/dL未満)であるが高めの方
機能性関与成分名 ターミナリアベリリカ由来没食子酸、松樹皮由来プロシアニジンB1及びB3
  • プロシアニジン
  • 没食子酸
  • 1日あたりの含有量 ターミナリアベリリカ由来没食子酸:20.8 mg、松樹皮由来プロシアニジンB1及びB3:2.46㎎
    摂取目安量 3粒
    摂取方法 かまずに、水またはお湯でお召し上がりください。
    摂取をする上での注意事項 本品は多量摂取により疾病が治癒したり、より健康が増進するものではありません。 鉄の吸収を阻害する可能性がありますので、貧血のお薬を服用している方はご注意ください。 松樹皮にアレルギーをお持ちの方は、摂取をお控えください。 原材料をご参照の上、アレルギーの心配のある方はご利用をお控えください。
    届出日 2022/10/03
    販売開始予定日 2023/10/01
    販売状況 販売休止中
    食品分類 栄養補助食品
    加工食品(サプリメント形状)【ターミナリアベリリカ抽出物・松樹皮抽出物加工食品】
    安全性の評価方法 既存情報による安全性試験結果
    機能性の評価方法 機能性関与成分に関する研究レビュー
    確認を行った事業者団体等の名称
    消費者庁(届け出詳細内容)
    変更履歴

    撤回日
    届出撤回の事由

    届出者の評価

    安全性

    ◆ターミナリアベリリカ由来没食子酸
    1 食経験の評価
    本品の機能性関与成分を含む原材料はターミナリアベリリカ果実の水抽出物である。同果実は、インド伝統医学アーユルヴェーダで粉末を水で煮出す等で摂取されており、没食子酸は国内で食品添加物として用いられている。
    2 安全性試験に関する評価
    本品の機能性関与成分を含む原材料で以下の通り安全性の懸念となる情報は認められなかった。
    ・ラット急性・亜急性や遺伝毒性(細菌・ほ乳類培養細胞・げっ歯類)試験
    ・ヒト12週長期摂取や4週過剰摂取試験(本品の機能性関与成分として、順に79.6 mg/日、398 mg/日)
    ◆松樹皮由来プロシアニジンB1及びB3
    1 食経験の評価
    2次情報によると、松は古代から様々な部位が薬用として使用され、松樹皮抽出物はサプリメントに使用されている。なお、2次情報では松樹皮抽出物摂取によりめまいや胃腸障害、頭痛、口内炎が生じる可能性が挙げられているが、本品に配合する株式会社東洋新薬の松樹皮抽出物(フラバンジェノ―ル(R))の製造・販売実績上は、特段健康被害は報告されていない。
    2 安全性試験に関する評価
    本品の機能性関与成分を含む原材料であるフラバンジェノール(R)で以下の通り安全性の懸念となる情報は認められなかった。
    ・ラット急性・亜急性や遺伝毒性(細菌・げっ歯類)試験
    ・ヒト12週、24週摂取試験(機能性関与成分量は順に1.2mg/日及び2.9mg/日、2.4mg/日)
    尚、亜急性毒性試験における無毒性量から安全係数を100、ヒトの体重を60kgとして換算するとプロシアニジンB1及びB3量として48.6mg/日 摂取まで安全であると考えられ、本品に含まれる量においては十分に安全であると判断した。
    ◆医薬品との相互作用
    公的機関データベースにおいて、松樹皮抽出物は医薬品との相互作用に関する報告はなかった。ターミナリアベリリカ果実と医薬品との相互作用について2次情報で懸念となる情報はないが、文献調査の結果、没食子酸が鉄の吸収に影響を及ぼす可能性が否定できなかったため(3)のとおり摂取上の注意で表示した。
    ◆機能性関与成分同士の相互作用
    相互作用を示す報告はない。
    ◆まとめ
    本品の機能性関与成分は安全性に懸念はないと考えられ、その他の原材料も本品の配合量において安全性に問題はなく、摂取する上で安全性に懸念はないと考えられる。

    機能性

    ◆ターミナリアベリリカ由来没食子酸
    【食後の中性脂肪に及ぼす影響】
    1 標題
    ターミナリアベリリカ由来没食子酸による食後中性脂肪に及ぼす影響

    2 目的
    健常成人におけるターミナリアベリリカ由来没食子酸の摂取が、プラセボ(偽薬)と比較して、食後中性脂肪の上昇を抑える機能を有するか検証することを目的とした。

    3 背景
    ターミナリアベリリカ由来没食子酸は脂肪分解酵素の阻害作用を有し、その作用により食後中性脂肪の上昇を抑制するとの報告があり、ターミナリアベリリカ由来没食子酸の食後中性脂肪の上昇を抑える機能について総合的に評価するため、研究レビューを実施した。

    4 レビュー対象とした研究の特性
    健常成人(空腹時血中中性脂肪値150mg/dL未満)を対象に、ターミナリアベリリカ由来没食子酸摂取による食後血中中性脂肪曲線下面積(AUC)または食後血中中性脂肪推移への影響を、プラセボと比較した論文を評価対象とした。文献検索し、文献の内容を精査したところ、採用文献は3報となった。
    ※曲線下面積(AUC):吸収量を反映する指標として知られている

    5 主な結果
    3報の採用文献はいずれも無作為化二重盲検プラセボ対照試験という信頼性の高い研究であった。
    健常成人男女を対象とし、ターミナリアベリリカ由来没食子酸20.8 mg/回または31.4 mg/回を摂取させた結果、プラセボ摂取と比較して、負荷食品(脂肪を含む食品)摂取後の血中中性脂肪変化量AUC及び血中中性脂肪変化量の有意な抑制が認められた。

    6 科学的根拠の質
    健常成人において、ターミナリアベリリカ由来没食子酸20.8 mg/回の摂取が、食事の脂肪の吸収を抑えて、食後中性脂肪の上昇を抑える機能を有することが示された。ただし、本研究の限界として、出版されていない未公表研究がある可能性も否定できないことから、情報の偏りがある疑いは否定できない。

    【食後の血糖値に及ぼす影響】
    1.標題
    ターミナリアベリリカ由来没食子酸による食後血糖値に及ぼす影響

    2.目的
    健常成人におけるターミナリアベリリカ由来没食子酸の摂取が、プラセボ(偽薬)と比較して、食後血糖値の上昇を抑える機能を有するか検証することを目的とした。

    3.背景
    ターミナリアベリリカ由来没食子酸は糖質分解酵素の阻害作用を有し、その作用により食後血糖値の上昇を抑制するとの報告があり、ターミナリアベリリカ由来没食子酸の食後血糖値の上昇を抑える機能について総合的に評価するため、研究レビューを実施した。

    4.レビュー対象とした研究の特性
    健常成人を対象に、ターミナリアベリリカ由来没食子酸摂取による食後血糖(評価指標:食後血糖AUC)への影響を、プラセボと比較した文献を評価対象とした。文献検索し、文献の内容を精査したところ、採用文献は3報となった。
    ※曲線下面積(AUC):吸収量を反映する指標として知られている

    5.主な結果
    3報の採用文献はいずれも無作為化二重盲検プラセボ対照試験という信頼性の高い研究であった。
    健常成人男女を対象とし、ターミナリアベリリカ由来没食子酸20.8 mg/回を摂取させた結果、プラセボ摂取と比較して、負荷食品(炭水化物を含む食品)摂取後の血糖変化量AUCの有意な抑制が認められた。

    6.科学的根拠の質
    健常成人において、ターミナリアベリリカ由来没食子酸20.8 mg/回の摂取が、食事の糖の吸収を抑えて、食後血糖値の上昇を抑える機能を有することが示された。ただし、本研究の限界として、出版されていない未公表研究がある可能性も否定できないことから、情報の偏りがある疑いは否定できない。

    ◆松樹皮由来プロシアニジンB1及びB3
    【LDLコレステロール及び総コレステロールに及ぼす影響】
    1 標題
    松樹皮由来プロシアニジンB1及びB3によるLDLコレステロール及び総コレステロールに及ぼす影響

    2 目的
    健常成人(LDL コレステロール140 mg/dL 未満)に、松樹皮由来プロシアニジンB1及びB3を摂取させると、プラセボ摂取と比較して、LDL コレステロール又は総コレステロールを低下させる機能を有するか検証することを目的とした。

    3 背景
    松樹皮由来プロシアニジンが、LDLコレステロール及び総コレステロールを下げるとの報告がある。しかし健常成人(LDL コレステロール140 mg/dL 未満)におけるLDLコレステロール又は総コレステロール低下に関する研究レビューは報告されていない。

    4 レビュー対象とした研究の特性
    健常成人(LDL コレステロール140 mg/dL 未満)の方を対象に、松樹皮由来プロシアニジンB1及びB3摂取によるLDLコレステロール又は総コレステロールへの影響を、プラセボと比較した文献を評価対象とした。文献検索し、文献の内容を精査したところ、採用文献は2報となった。

    5 主な結果
    採用文献2報における摂取期間はいずれも12週で、松樹皮由来プロシアニジンB1及びB3を1.16 ~2.46 mg/日摂取させていた。メタアナリシスを実施した結果、出版バイアス(※)は認められず、松樹皮由来プロシアニジンB1及びB3 2.4~2.46 mg/日の摂取によって、LDL コレステロール及び総コレステロールの有意な低下が認められた。
    ※出版バイアス:肯定的な研究結果がそうでない研究結果に比べて出版されやすいために起こる結果の偏りのこと。メタアナリシスによって視覚化、検出できる。

    6 科学的根拠の質
    LDL コレステロールが140 mg/dL 未満の健常成人において、松樹皮由来プロシアニジンB1及びB3 2.4~2.46 mg/日の摂取は、LDL コレステロール及び総コレステロールを低下させる機能を有することが示された。ただし、本研究の限界として、個別の研究について症例減少バイアス(※)などのバイアスの混入は否定できない。また、出版バイアスは認められなかったが、採用文献が2報と少ないことから、今後の注視が必要である。
    ※症例減少バイアス:解析対象となる症例数の減少によって、介入群と対照群の間に生じる結果の偏りのこと。

    【加齢とともに低下する血管の柔軟性(血管を締め付けた後の血管の拡張度)に及ぼす影響】
    1 標題
    松樹皮由来プロシアニジンB1及びB3による加齢とともに低下する血管の柔軟性(血管を締め付けた後の血管の拡張度)に及ぼす影響

    2 目的
    健常成人に、松樹皮由来プロシアニジンを摂取させると、プラセボ摂取と比較して、血管内皮機能を維持する機能を有するか検証することを目的とした。

    3 背景
    松樹皮由来プロシアニジンが、血管内皮機能を維持するとの報告がある。しかし健常成人における、血管内皮機能の維持に関する研究レビューは報告されていない。

    4 レビュー対象とした研究の特性
    健常成人の方を対象に、松樹皮由来プロシアニジン摂取による血管内皮機能への影響を、プラセボと比較した文献を評価対象とした。文献検索し、文献の内容を精査したところ、採用文献は1報となった。

    5 主な結果
    採用文献は1報のみであったが 、無作為化二重盲検プラセボ対照試験という信頼性の高い研究であった。
    健常成人を対象とし、松樹皮由来プロシアニジンB1及びB3を2.4 mg/日にて摂取させた結果、プラセボ摂取と比較して、血流依存性血管拡張反応(FMD)の有意な増加が認められた。
    なお、FMDは、血管内皮機能の指標であり、血管を締め付けた後の血管の拡張度のことである。FMDは加齢によって低下することが知られている。

    6 科学的根拠の質
    健常成人において、松樹皮由来プロシアニジンB1及びB3 2.4 mg/日の摂取は、加齢とともに低下する血管の柔軟性(血管を締め付けた後の血管の拡張度)に関する機能を有することが示された。ただし、本研究の限界として、出版されていない未公表研究がある可能性も否定できないことから、情報の偏りがある疑いは否定できない。また、採用文献が1報のみであったため、今後の研究の注視が必要である。

    関連コンテンツ


    一覧へ戻る