一覧へ戻る

国内産 有機菊芋茶

商品詳細

届出番号 H488
商品名 国内産 有機菊芋茶
会社名 株式会社エイムわらビーハウス青葉園 他製品
ウェブサイト http://www.kenkoucha.co.jp/
表示しようとする機能性 血糖値の上昇を抑える
本品にはイヌリンが含まれます。イヌリンには食後の血糖値の上昇を抑える機能があることが報告されています。
想定する主な対象者 食後の血糖値が気になる方
機能性関与成分名 イヌリン
  • イヌリン
  • 1日あたりの含有量 1360 mg
    摂取目安量 2袋5g
    摂取方法 本品1包と熱湯200mLを入れ、5分ほど蒸らしてお飲みください。
    摂取をする上での注意事項 熱湯の取り扱いには十分ご注意ください。 多量摂取より疾病が治癒したり、より健康が増進するものではありません。 摂りすぎあるいは体質・体調よりおなかが緩くなることがいます。 原材料をご確認のうえ、食物アレルギーのある方は摂取をお控えください。
    届出日 2022/09/05
    販売開始予定日 2023/04/01
    販売状況 販売休止中
    食品分類 粉末飲料
    加工食品(その他)(有機菊芋茶ティーバッグ)
    安全性の評価方法 既存情報による安全性試験結果
    機能性の評価方法 機能性関与成分に関する研究レビュー
    確認を行った事業者団体等の名称
    消費者庁(届け出詳細内容)
    変更履歴

    撤回日
    届出撤回の事由

    届出者の評価

    安全性

    1.喫食実績に基づく安全性の評価
    本届出品である「国内産 有機菊芋茶」は、熱水または冷水で浸出して食前または食事中に摂取する食品で、機能性関与成分であるイヌリンを一日摂取目安量2包(5 g)あたり1360 mgむ。本届出品は、日本国内での販売を行っており、その販売対象は、性別、年齢を問わない。本届出品である「国内産 有機菊芋茶」は2018年1月~2021年1月時点までの期間で80万包以上が出荷されているが、この間に重篤な健康被害の報告は無い。
     以上のことから、本届出品の食経験の評価は十分であり、適切に摂取される場合において安全性に問題はないと判断した。

    2.既存情報に基づく安全性の評価
     一日当たりのイヌリン摂取量として、国立医薬基盤・健康・栄養研究所「健康食品」の安全性・有効性情報1)においては14 gまで、アメリカ食品衛生局Generally Recognized As sage2)においては40 gまでは安全性上問題がないと評価されている。また、Natural medicine Database3)においては高トリグリセリド血症患者における一日当たりイヌリン摂取量の目安を10~14 gとしている。

    本届出品の一日当たりイヌリン摂取量は1360 mg程度であり、いずれの報告の目安量を超えていない。国立医薬基盤・健康・栄養研究所「健康食品」の安全性・有効性情報1)においては、人によってはイヌリンを含む食品によるアレルギーの可能性が述べられていることから、本届出品においては「摂取上の注意」にて注意喚起を行うことで安全性を担保する。

    3.医薬品との相互作用に関する評価
     国立医薬基盤・健康・栄養研究所「健康食品」の安全性・有効性情報1)において、イヌリンは食事由来のカルシウムの吸収を増加させることが示唆されている。カルシウムは保険適用薬剤にも含まれており、厚生労働省の食事摂取基準量4)においても耐用上限量が定められている。しかしながら、文献調査結果から、耐用上限量を上回るほどの吸収増加が起こることはなく、またカルシウムのイオン化ならびに副甲状腺ホルモン濃度やカルシウムの排泄などにも影響がないと考えられた。

    これらのことから、本届出品の一日摂取目安量である2包(イヌリンとして1360 mg)を超えて摂取しても安全性に問題がないと判断した。

    機能性

    (ア)標題
    イヌリンによる食後血糖値上昇抑制効果に関する研究レビュー
    (イ)目的
    リサーチクエスチョンを「イヌリンを含む食品の摂取は、健常な成人の食後血糖値の上昇を緩やかにする効果を示すか」と定め、イヌリンの摂取により食後血糖値の上昇抑制効果があることを検証した。
    (ウ)背景
     健康な成人に対してイヌリンを摂取させ、食後血糖値の上昇抑制効果を検証した個別の研究は存在するが、これらを統合した研究レビューは行われていない。
    (エ)レビュー対象とした研究の特性
     日本語および英語のデータベース(医中誌、PubMed、The Cochrane Library)を用いて文献調査を行った。検索日である2021年10月14日以前に各データベースで公開された全ての文献を対象として、対照(P)が疾病に罹患していない健常な成人、介入(I)がイヌリンを含む食品、対照(C)がプラセボ食品、無介入のコントロール群または摂取前値、アウトカム(O)が負荷食後の食後血糖値上昇を抑制、である文献を対象とした。
    (オ)主な結果
    6報の文献をレビュー対象として採用した。6報中4報においてイヌリンを摂取することによる食後血糖値上昇の抑制効果が認められ、また、いずれもイヌリン摂取による重篤な有害事例は発生していなかった。
    (カ)科学的根拠の質
    採用した文献は6報全てがRCT試験であり、デザイン上の問題はない。6報中4報で肯定的な結果が得られており、中程度の非一貫性と評価した。
    今回の採用論文の中には二重盲検についての記述が無いものも存在するが、エビデンス総体を見た時に大きな問題となるようなリスクはなく、科学的根拠の質は高いと考えられる。

    したがって、本研究レビューの結果から、イヌリンによる食後血糖値の上昇抑制効果には科学的根拠があると判断した。

    関連コンテンツ


    一覧へ戻る