一覧へ戻る

林檎美人a

商品詳細

届出番号 H243
商品名 林檎美人a
会社名 合同会社蓼科 他製品
ウェブサイト https://www.fld.caa.go.jp/caaks/cssc01/
表示しようとする機能性 肌のうるおい
本品にはヒアルロン酸Naが含まれます。ヒアルロン酸Naには皮膚水分量を保持させる働きがあり、乾燥を緩和することが報告されています。
想定する主な対象者 肌の乾燥が気になる成人健常者
機能性関与成分名 ヒアルロン酸Na
  • ヒアルロン酸Na
  • 1日あたりの含有量 120 mg
    摂取目安量 1日1本を目安にそのままお召し上がりください。
    摂取方法 一日当たりの摂取目安量と併せて、記載。
    摂取をする上での注意事項 原材料名をご確認の上、食物アレルギーのある方はお召し上がりにならないでください。
    届出日 2022/06/09
    販売開始予定日 2022/09/01
    販売状況 販売休止中
    食品分類 清涼飲料水
    加工食品(その他)(清涼飲料水)
    安全性の評価方法 既存情報による安全性試験結果
    機能性の評価方法 機能性関与成分に関する研究レビュー
    確認を行った事業者団体等の名称
    消費者庁(届け出詳細内容)
    変更履歴

    (2022.8.11)基本情報:販売状況の更新、連絡先の変更、様式Ⅲ:別紙様式Ⅲ-3を最新フォーマットに変更、様式Ⅵ:表示見本に届出番号の追記

    撤回日
    届出撤回の事由

    届出者の評価

    安全性

    本届出製品の機能性関与成分ヒアルロン酸Naは、既存添加物名簿収載品目リストに収載されている「ヒアルロン酸」に該当する。ヒアルロン酸は、ヒト体内に存在する成分であると同時に、鶏などにも含まれ、日常食する成分でもある。また平成8年度厚生省科学研究報告書「既存添加物の安全性評価に関する調査研究」により安全性が評価され、異常がなかったと報告されている。
    ヒアルロン酸の原料供給元として、キューピー、キッコーマン、マルハ、資生堂などのヒアルロン酸メーカーがあり、既存食品添加物として利用は10年以上に及ぶ。
    本届出製品の機能性関与成分のヒアルロン酸Naの原料供給元Bloomage Biotechnology Co., Ltd.(以下、ブルーメイジ社)も、日本向けに2001年から、アメリカ向けに2002年から、中国向けに2008年から原料販売を開始し、上記以外の国々へも販売している。販売量は直近10年間で200トンを越え、健康被害の報告はない。このうちブルーメイジ社のヒアルロン酸Naを機能性関与成分とした機能性表示食品(1日摂取目安量120mg)も販売されているが、同じく健康被害の報告はない。
    また乾燥肌あるいは肌荒れで悩んでいる104名(試験群52名、プラセボ群52名)に、ヒアルロン酸Naを120mg/日で180日間摂取させた試験等が報告されているが、いずれも有害事象は報告されていない。
    なお本届出製品のヒアルロン酸Naは、日本薬局方に収載される「精製ヒアルロン酸ナトリウム」ならびに医薬部外品原料規格に収載される「ヒアルロン酸ナトリウム(2)」の試験法を参考にして品質を確認したものであり、上記の情報との同等性に問題はない。
     以上の結果から、1日摂取目安量あたり120mgのヒアルロン酸Naを含む本届出製品を摂取した場合、人の健康を害する恐れはないと判断した。なお、本届出製品に使用されているその他の原材料は、十分な食経験を有する食品及び食品添加物である。

    機能性

    〈表題〉
    ヒアルロン酸Naの経口摂取による肌の水分保持機能について
    〈目的〉
    肌の乾燥に悩む健常者を対象とし、ヒアルロン酸Naを経口摂取することにより、肌の水分量の向上作用を検証することを目的として行った。
    〈背景〉
    ヒアルロン酸Naは、脊椎動物や一部の微生物に存在し、生体内では皮膚、血管、血清、脳、軟骨、心臓弁、臍帯などの結合組織、器官に存在している。皮膚に存在するヒアルロン酸Naは加齢とともに減少していくと言われており、またヒアルロン酸Naの経口摂取による機能性について複数の研究報告があるが、研究全体をまとめたレビューはない。
    〈レビュー対象とした研究の特性〉
    日本語ならびに外国語の文献調査を実施し、複数の文献データベースを使用し、今回の機能性関与成分(ヒアルロン酸Na)、経口摂取、皮膚水分量に関する論文を絞り込み、研究結果を採用した。
    〈主な結果〉
    文献調査の結果、5報の文献を選定した。このうち4報は、機能性関与成分(ヒアルロン酸Na)の同等性を確実に立証できない文献であったため参考扱いとした。残りの1報は健常な成人において、摂取前と摂取後、なおかつ摂取群とプラセボ群の比較の上、機能性関与成分(ヒアルロン酸Na)1日あたり120mgの経口摂取により皮膚水分量が有意に改善されることが確認され、肌の保水性の向上が期待できると判断した。
    〈科学的根拠の質〉
    機能性を示す直接性、一貫性には問題は無い。ランダム化比較試験であり、根拠の質は高い。はRCTで質も高い。肯定的な科学的根拠があることが示されると判断され、本届出製品に表示しようとする機能性に齟齬はないと考えられる。

    関連コンテンツ


    一覧へ戻る