一覧へ戻る

Gabarelax 睡眠(ギャバリラックス スイミン)

商品詳細

届出番号 H172
商品名 Gabarelax 睡眠(ギャバリラックス スイミン)
会社名 シンライ化成株式会社 他製品
ウェブサイト https://www.shinraikasei.co.jp
表示しようとする機能性 睡眠の質の向上
本品にはGABAが含まれています。GABAには睡眠の質(眠りの深さ、すっきりとした目覚め)を向上する機能があることが報告されています。
想定する主な対象者 睡眠の質が気になる方(妊産婦、授乳婦を除く健常な成人男女)
機能性関与成分名 GABA
  • GABA
  • 1日あたりの含有量 100mg
    摂取目安量 1粒
    摂取方法 1日当たり1粒を目安に、水またはぬるま湯でお召し上がりください。
    摂取をする上での注意事項 ●妊娠中、授乳中の方、乳幼児及び小児のご利用はお控えください。●食物アレルギーのある方は、原材料名をご参照の上お召し上がりにならないでください。●小さなお子様の手の届かないところに保管してください。●開封後はしっかりチャックを閉めてください。●開封後はお早めにお召し上がりください。●賞味期限の過ぎた製品はお召し上がりください。●降圧剤を服用している方は医師、薬剤師にご相談ください。
    届出日 2022/05/17
    販売開始予定日 2022/10/03
    販売状況 販売中
    食品分類 栄養補助食品
    加工食品(サプリメント形状)(GABA含有加工食品)
    安全性の評価方法 既存情報による食経験の評価;既存情報による安全性試験結果
    機能性の評価方法 機能性関与成分に関する研究レビュー
    確認を行った事業者団体等の名称
    消費者庁(届け出詳細内容)
    変更履歴

    撤回日
    届出撤回の事由

    届出者の評価

    安全性

    本商品の機能性関与成分GABAは、野菜や果物、乳酸発酵食品、果実飲料等の日常摂取しいぇいる食品に広く含まれていることが報告されている。本商品に含まれるGABAの一日目安量は100㎎であり、これは日常の食事より摂取する量と比して決して多い量ではなく、食経験は十分にあると考えられる。またGABAを1日当たり1000mg摂取した過剰摂取試験や1日120㎎を12週間摂取した長期摂取試験において、重篤な有害事象は報告されていない。さらに医薬品との相互作用については、国立研究開発法人 医薬基盤・健康・栄養研究所の「健康食品」の安全性・有効性情報において、GABAは降圧薬や降圧作用を有するハーブとの併用により、低血圧を起こす可能性が記述されている。しかし本商品は降圧薬等を必要とする病者を対象としたものではないため、この懸念は低いと考えられる。
     GABAは単一の化合物であり、その基原に関わらず一定物質であるため、上述内容は本商品の機能性関与成分GABAと同等性があると考えられる。以上より、本機能性関与成分GABA を1日100㎎含有する当該製品を摂取した場合、人の健康を害するおそれはないと判断できる。

    機能性

    (ア)標題
    機能性関与成分GABAによる睡眠の質の改善の機能性に関するシステマティックレビュー
    (イ)目的
    睡眠の質が気になる健常者において、GABAの摂取により睡眠の質を改善するか検証することを目的としました。
    (ウ)背景
    アミノ酸の一種であるGABAは、GABA高含有発芽米などの生鮮食品に限らず、チョコレートなどの菓子類などにも配合され、広く認知度が上がってきている成分です。GABAの摂取はストレスの緩和されたリラックス状態にすることで眠りの質を改善することが期待され、ヒト試験による先行研究も行われています。今回はその効果を改めて検証するために研究レビューを行いました。
    (エ)レビュー対象とした研究の特性
    データベース3種の検索(検索日:2020年6月4日)により、34報の文献を抽出し、事前に設定された基準に基づいて選択した結果、最終的に2報が採用されました。うち1報は無作為化二重盲検プラセボ対照クロスオーバー試験であり、もう1報は無作為化単盲検プラセボ対照クロスオーバー試験で、いずれも日本国内で実施された試験でした。
    (オ)主な結果
     本研究レビューの結果より、ストレスや疲労感などの一時的な原因により、睡眠の質に問題を感じている対象者が、GABA 100mg/日の1~2週間摂取はノンレム睡眠時間を増加し、起床時の感覚の改善することが認められました。
    (カ)科学的根拠の質
    本研究レビュー全体の限界として、文献の検索を英語と日本語のデータベースに絞ったことから、他言語での論文収集の網羅性の問題や出版バイアスの存在は否定できません。

    関連コンテンツ


    一覧へ戻る