一覧へ戻る

日本山人参

商品詳細

届出番号 G560
商品名 日本山人参
会社名 有限会社メイゲン 他製品
ウェブサイト http:/www.meigen.co.jp
表示しようとする機能性 血圧のサポート;血糖値の上昇を抑える
本品にはYN-1(イソエポキシプテリキシン)とイソプテリキシンが含まれています。YN-1(イソエポキシプテリキシン)とイソプテリキシンには食後血糖値の上昇を抑える機能、血圧が高めの方の血圧を下げる機能が報告されています。
想定する主な対象者 食後血糖値が気になる健常者、または、血圧が高めの健常者
機能性関与成分名 YN-1(イソエポキシプテリキシン)、イソプテリキシン
  • イソエポキシプテリキシン(YN-1)
  • イソプテリキシン
  • 1日あたりの含有量 YN-1(イソエポキシプリテキシン)8.5mg、イソプリテキシン0.8mg
    摂取目安量 6粒を目安にお食事の前に水などと一緒にお召し上がりください。
    摂取方法 一日当たりの摂取目安量と共に記載
    摂取をする上での注意事項 本品は多量摂取により疾病が治癒したり、より健康が増進するものではありません。
    届出日 2021/09/01
    販売開始予定日 2021/11/12
    販売状況 販売中
    食品分類 栄養補助食品
    加工食品(サプリメント形状)(ヒュウガトウキ葉含有食品)
    安全性の評価方法 喫食実績の評価
    機能性の評価方法 機能性関与成分に関する研究レビュー
    確認を行った事業者団体等の名称
    消費者庁(届け出詳細内容)
    変更履歴

    撤回日
    届出撤回の事由

    届出者の評価

    安全性

    本品は、通信販売によって日本国内の成人男女に販売しています。本品は、現在までに約10年間の販売期間があり、販売量はおよそ2,500,000粒(6粒/食として約416,666食)でした。この期間に重篤な健康被害の報告はありませんでした。
    また、本品と医薬品との互作用、機能性関与成分同士の相互作用についても、問題となる報告は見つかりませんでした。
    以上のことから、本品は適切に摂取する場合、安全性に問題はないと判断しました。

    機能性

    <食後血糖値の上昇を抑える機能>
    【標題】機能性関与成分YN-1(イソエポキシプテリキシン)とイソプテリキシンによる血糖値に対する機能性に関するシステマティック・レビュー
    【目的】健常者が、YN-1(イソエポキシプテリキシン)とイソプテリキシンを含む食品を摂取する場合と、含まない食品を摂取する場合で、食後の血糖値上昇値に違いがあるかどうかを評価しました。
    【背景】ヒュウガトウキは日本山人参とも呼ばれ、血糖値や血圧の改善効果があるとして食されてきた伝統食品です。特にその「根」の部分は、医薬品として登録されています。一方で、YN-1(イソエポキシプテリキシン)、イソプテリキシンを含む「葉」の部分にも血糖値への効果があると考えられていますが、これまで「葉」に関してのヒトを対象とした試験はほとんどありませんでした。
    【レビュー対象とした研究の特性】検索の結果1報が採用されました。無作為化二重盲検試験であり、信頼性の高い研究でした。糖負荷試験における血糖値(食後血糖値及びAUC:血糖上昇曲線下面積)を評価していました。
    【主な結果】本研究レビューの結果、YN-1(イソエポキシプテリキシン)8.0mg、イソプテリキシン1.4mgの摂取で、食後血糖値の上昇抑制が確認されました。また、試験品摂取に関わるような有害事象の報告はありませんでした。採用された文献では日本人を対象としているため、日本人への適用は問題ないと判断しました。ただし、本品はYN-1(イソエポキシプテリキシン)8.5mg、イソプテリキシン0.8mgを含有する商品ですが、採用された文献の試験食と同一の食品であり、分析法が異なるために数値が異なっています。
    【科学的根拠の質】本研究レビューでは機能性表示食品の対象者である日本人健常成人男女を対象とした臨床試験において有効性が確認されました。しかし本研究レビューにおける関与成分であるYN-1(イソエポキシプテリキシン)とイソプテリキシンについては研究がまだ進んでおらず、レビュー対象となる研究は1報しか認められませんでした。そのため、出版バイアスが疑われ、エビデンスの質は限定的であり、今後さらなる研究が望まれます。

    <血圧を下げる機能>
    【標題】機能性関与成分YN-1(イソエポキシプテリキシン)とイソプテリキシンによる血圧に対する機能性に関するシステマティック・レビュー
    【目的】血圧が正常または高めの健常人およびI度高血圧者が、YN-1(イソエポキシプテリキシン)とイソプテリキシンを含む食品を摂取する場合と、含まない食品を摂取する場合で、血圧への影響に違いがあるかどうか検証することを目的としました。
    【背景】ヒュウガトウキは日本山人参とも呼ばれ、血圧や血糖値の改善効果があるとして食されてきた伝統食品です。特にその「根」の部分は、医薬品として登録されています。一方で、YN-1(イソエポキシプテリキシン)、イソプテリキシンを含む「葉」の部分にも血圧への効果があると考えられていますが、これまで「葉」に関してのヒトを対象とした試験はほとんどありませんでした。
    【レビュー対象とした研究の特性】検索の結果1報が採用されました。無作為化二重盲検試験であり、信頼性の高い研究でした。収縮期血圧と拡張期血圧を評価していました。
    【主な結果】本研究レビューの結果、YN-1(イソエポキシプテリキシン)8.0mg、イソプテリキシン1.4mgの摂取で、Ⅰ度高血圧者を除いた層別解析の結果、収縮期血圧が低下することを確認しました。また、試験品摂取に関わるような有害事象の報告はありませんでした。採用された文献では日本人を対象としているため、日本人への適用は問題ないと判断しました。ただし、本品はYN-1(イソエポキシプテリキシン)8.5mg、イソプテリキシン0.8mgを含有する商品ですが、採用された文献の試験食と同一の食品であり、分析法が異なるために数値が異なっています。
    【科学的根拠の質】本研究レビューでは機能性表示食品の対象者である日本人健常成人男女を対照とした臨床試験において有効性が確認されました。しかし本研究レビューにおける関与成分であるYN-1(イソエポキシプテリキシン)とイソプテリキシンについては研究がまだ進んでおらず、レビュー対象となる研究は1報しか認められませんでした。そのため、出版バイアスが疑われ、エビデンスの質は限定的であり、今後さらなる研究が望まれます。

    関連コンテンツ


    一覧へ戻る