一覧へ戻る

はかた地どり一口チキンカツ

商品詳細

届出番号 G486
商品名 はかた地どり一口チキンカツ
会社名 農事組合法人福栄組合 他製品
ウェブサイト http://www.fukuei.or.jp
表示しようとする機能性 疲労感を軽減;記憶の精度を高める
本品にはアンセリン、カルノシン、イミダゾールジペプチドが含まれます。アンセリン750mg、カルノシン250mg(本品180g)は加齢により衰えがちな認知機能の一部である、個人が経験した比較的新しい出来事に関する記憶をサポートする機能があることが報告されています。また、イミダゾールペプチド400mg(本品90g)は、日常生活での一時的な疲労感を軽減する機能があることが報告されています。
想定する主な対象者 60代以上を主とした健康な成人男女、疾病に罹患していない者
機能性関与成分名 アンセリン、カルノシン、イミダゾールジペプチド
  • アンセリン
  • イミダゾールジペプチド
  • カルノシン
  • 1日あたりの含有量 アンセリン750mg,カルノシン250mg、/180g(6個)イミダゾールペプチド400mg/90g(3個)
    摂取目安量 記憶をサポートの場合:180g・6個(アンセリン750mg,カルノシン250mg) 疲労感を軽減の場合:90g・3個(イミダゾールジペプチド400mg)
    摂取方法 160℃の油で4~5分揚げてお召し上がりください。
    摂取をする上での注意事項 本品は多量に摂取することで、より健康が増進するものではありません。摂取目安量を守ってお召し上がりください。抗高血圧薬を服用中の方は、医師又は薬剤師にご相談ください。
    届出日 2021/08/16
    販売開始予定日 2021/10/31
    販売状況 販売休止中
    食品分類 食肉加工品
    加工食品(その他)(チキンカツ(ムネ))
    安全性の評価方法 喫食実績の評価
    機能性の評価方法 機能性関与成分に関する研究レビュー
    確認を行った事業者団体等の名称
    消費者庁(届け出詳細内容)
    変更履歴

    撤回日
    届出撤回の事由

    届出者の評価

    安全性

    喫食実績:当該食品そのものの喫食実績はないが、「類似する食品」の3要件である①届出をしようとする食品に含まれる機能性関与成分と同じ成分で、同等量以上含有している、②届出をしようとする食品と比べ、機能性関与成分の消化・吸収過程に大きな違いがない、③食品中の成分による影響や加工工程による影響等により機能性関与成分が変質していない、に該当する食品である「はかた地どり(胸肉)」の喫食実績により、食経験を評価可能である。類似食品「はかた地どり(胸肉)」は1987年に発売以来、約30年間にわたり、国内でのべ700万羽の販売実績を有し、これは胸肉に換算すると3,500トン(500g/羽)、1食当たりの摂取量を当該食品と同じ機能性関与成分量(アンセリン750mg、カルノシン250mg)を含むはかた地どり(胸肉)100gとすると3500万食と国民3人に1人が食してきた量に匹敵する。なお鶏肉のイミダゾールペプチド構成成分はアンセリン、カルノシンであり、上記のアンセリン750mg、カルノシン250mgの場合、イミダゾールペプチド量は1,000mgであることから類似食品の喫食実績を類似商品として評価することができる。
    医薬品との相互作用:アンセリンは、抗癌剤のドキソルビシンとの相互作用が報告されているが、「喫食実績による食経験の評価」に記載の通り、アンセリンを含む当該食品は一般に広く食されているものである。ドキソルビシンは病院内で医師の管理の下、静脈内に投与されるものであり、本品の想定している対象者ではないと考えられる。また、アンセリンとドキソルビシンの相互作用についてヒトでの報告例はないことから、当該食品が対象者である健常者において、ドキソルビシンとの相互作用を示す可能性は極めて低いと判断した。カルノシンについては、理論上の機能性関与成分と医薬品との相互作用が報告されているため、「疾病に罹患している場合は医師に、医薬品を服用している場合は医師、薬剤師に相談してください。」、「抗高血圧薬を服用中の方は、医師又は薬剤師にご相談ください」とラベルに表記して注意喚起を行った。このことから、機能性表示食品として当該製品を販売することは適切であると判断した。
    結論:以上のことから、当該食品の一日摂取目安量を摂取した場合、ヒトの健康を害する恐れはないと判断した。

    機能性

    ①アンセリン・カルノシン摂取による認知機能の改善について
    標題:最終製品「はかた地どり一口チキンカツ」に含有する機能性関与成分アンセリン、カルノシンによる認知機能改善の機能性に関するシステマティックレビュー
    目的:健常者がアンセリン、カルノシンを経口摂取した場合の認知機能改善効果を、プラセボ摂取時との比較により検証した国内外の論文を広く調査し、アンセリン、カルノシンの認知機能改善効果の有無を総合的に判断することを目的とした。
    背景:鶏胸肉に比較的多く含まれるアンセリン、カルノシンは、脳血管系の炎症性の障害性や脳組織中の炎症反応を有意に軽減すること、および金属イオンやアミロイドβにより誘発される神経毒性に対する保護効果を有することが報告されている。さらにヒトの認知機能改善の機能性を有することが個々の研究により示唆されているものの、健常成人対象のヒト試験研究成果を総合的に評価した研究レビューはない。そこで、アンセリン、カルノシンの認知機能改善効果について広く検証することが必要と考え、研究レビューを実施した。
    レビュー対象とした研究の特性:アンセリン、カルノシンの経口摂取が健常成人の認知機能、脳の血流、抗炎症作用に及ぼす影響に関する日本語論文および英語論文を検索対象とした(検索日:2017年4月13日(PubMed)2017年3月28日(医中誌))。内容を精査した結果、採用された文献は1報となった。
    主な結果:対象となる1報の結果から、アンセリン、カルノシンの経口摂取により、認知機能の一部であるエピソード記憶(近時記憶)、つまり個人が経験した比較的新しい出来事に関する記憶や注意力が改善されることが示された。さらにアンセリン、カルノシン摂取群で作業記憶課題遂行時の前頭前野の血流に有意な上昇が見られることも分かった。
    科学的根拠の質:採択した1報は査読付きであり、研究デザインは二重盲検ランダム化比較試験であった。定性評価の結果、肯定的な結果であった。脳の血流量について対照群と介入群の群間比較により有意な差があった。また、認知機能に関しては、エピソード記憶(遅延再生)において、群間比較において有意な差が認められたので、本機能性に関して科学的根拠があると判断した。なお、限界としては、未発表データや日本語・英語以外で発表された研究が存在する可能性が否定できないことが挙げられる。

    ②イミダゾールジペプチド摂取による疲労感軽減について
    標題:「はかた地どり一口チキンカツ」に含まれるイミダゾールジペプチドの摂取による疲労感軽減作用に関するシステマティックレビュー
    目的:疾病に罹患してない者(未成年者、妊産婦、授乳婦は除く。)において、イミダゾールジペプチドの摂取は疲労感の軽減作用を有するかを明らかにすることを目的とした。
    背景:イミダゾールジペプチドの摂取による疲労軽減作用は、多くの文献で報告されているが、これらの知見をまとめたシステマティックレビューは限られている。そこで国内外の文献を精査し、レビューを行った。
    レビュー対象とした研究の特性:2019年7~8月時点でデータベース上に公開されている文献を対象として、文献検索、レビューを国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構の資金で、(公財)日本健康・栄養食品協会の職員が実施した。レビュー対象文献は、上記の目的について、査読付き文献であり、試験対象者を疾病に罹患していない者、介入食をイミダゾールジペプチドを含む食品、対照食をプラセボ、研究デザイン摂取ランダム化二重盲検プラセボ対照比較試験となっている文献を選択した。
    主な結果:上記に合致した3報の文献を採用した。そのうち、2報において、イミダゾールジペプチドを含む食品(ともにイミダゾールジペプチドの摂取量400mg/日)を摂取することにより、対照群との比較において疲労感の有意な軽減作用が認められた。残りの1報においては、対照群と比較して疲労感を軽減する傾向が認められたが、有意差は認められなかった。本システマティックレビューの結果から、イミダゾールジペプチドを含む食品の摂取は、疲労感を軽減する作用を有するという肯定的な結果を得た。採用した文献3報のうち、「効果あり」と判定した2報はいずれも健常な日本人を対象者としており、想定される主な対象者である日本人に適用可能であると考えられた。
    科学的根拠の質:限界としては、採用文献数が3報と少ないこと、イミダゾールジペプチドの摂取期間が4週間~12週間と短く、より長期に摂取した場合の効果が不明であることがあげられた。

    関連コンテンツ


    一覧へ戻る