一覧へ戻る

サントリー烏龍茶OTPP(オーティーピーピー)

商品詳細

届出番号 G1049
商品名 サントリー烏龍茶OTPP(オーティーピーピー)
会社名 サントリー食品インターナショナル株式会社 他製品
ウェブサイト http://suntory.jp/oolong/
表示しようとする機能性 体脂肪を減らす
本品には、ウーロン茶重合ポリフェノール(ウーロンホモビスフラバンBとして)が含まれます。ウーロン茶重合ポリフェノール(ウーロンホモビスフラバンBとして)には、BMIが高めの方のおなかの脂肪を減らす機能があることが報告されています。
想定する主な対象者 BMIが高めの健常成人
機能性関与成分名 ウーロン茶重合ポリフェノール(ウーロンホモビスフラバンBとして)
  • ポリフェノール
  • 1日あたりの含有量 140㎎
    摂取目安量 お食事の際に1日2回(1回500ml)を目安にお飲みください。
    摂取方法 *「一日当たりの摂取目安量」と共通
    摂取をする上での注意事項 多量摂取により疾病が治癒したり、より健康が増進するものではありません。
    届出日 2021/12/27
    販売開始予定日 2023/12/01
    販売状況 販売中
    食品分類 清涼飲料水
    加工食品(その他)(ウーロン茶飲料)
    安全性の評価方法 既存情報による安全性試験結果
    機能性の評価方法 機能性関与成分に関する研究レビュー
    確認を行った事業者団体等の名称
    消費者庁(届け出詳細内容)
    変更履歴

    2022年3月15日 表示変更および追加(新旧対照表および様式Ⅵ)
    2022年6月6日 届出食品基本情報詳細、様式Ⅲ、別紙様式Ⅲ-1、様式Ⅳ、様式Ⅶの修正
    2022年7月27日 様式Ⅲ、別紙様式Ⅲ-1、様式Ⅶの追加及び販売状況の更新

    撤回日
    届出撤回の事由

    届出者の評価

    安全性

    当該製品は一日摂取目安量あたり機能性関与成分であるウーロン茶重合ポリフェノールを140㎎含有した飲料である。当該製品の食経験は不十分と判断した。そこで、機能性関与成分について安全性の評価を行った。
    <安全性試験に関する評価>
    機能性関与成分であるウーロン茶重合ポリフェノールの安全性試験に関する1次情報を検索した結果、遺伝毒性試験、ヒト過剰摂取試験及び長期安全性試験の報告から、当該製品に含まれる量においてウーロン茶重合ポリフェノールの安全性に問題ないと判断した。また、当該製品の機能性関与成分であるウーロン茶重合ポリフェノールを同量含有する「黒烏龍茶」(許可番号第696号)において、食品安全委員会で審議の結果、適切に摂取される限りにおいては、安全性に問題はないと判断されている。
    また当該製品においては、「お食事の際に1日2回(1回500ml)を目安にお飲みください。」と摂取方法をお伝えすることとしている。
    これらの結果から、一日摂取目安量あたりウーロン茶重合ポリフェノールを140mg含有する当該製品の摂取において、安全性に問題はないと考えられた。

    機能性

    ア.標題
    ウーロン茶重合ポリフェノール(ウーロンホモビスフラバンBとして)による体脂肪低減効果に関するシステマティックレビュー

    イ.目的
    健常成人(肥満1度の者を含む)を対象として、ウーロン茶重合ポリフェノール(ウーロンホモビスフラバンBとして)を含む食品の摂取は、プラセボ食品の摂取と比較して体脂肪低減作用を示すかを、介入研究による報告を収集して検証する。

    ウ.背景
    ウーロン茶は、中国の福建省や広東省で古くから飲用されているが、日本では1970年代から普及し茶系飲料として定着している。ウーロン茶は半発酵茶に分類され、発酵の過程で、酵素反応や熱重合反応によりカテキン類が複雑に結合したウーロン茶重合ポリフェノール(ウーロンホモビスフラバンBとして)が生成される。ウーロン茶重合ポリフェノール(ウーロンホモビスフラバンBとして)におけるヒトを対象とした研究では、食後の中性脂肪上昇抑制効果や体脂肪低減効果が報告されている。そこで、ウーロン茶重合ポリフェノール(ウーロンホモビスフラバンBとして)の摂取が、体脂肪低減作用を示すか統合的に検証した。

    エ.レビュー対象とした研究の特性
    健常成人(肥満1度の者を含む)において、ウーロン茶重合ポリフェノール(ウーロンホモビスフラバンBとして)の摂取が、プラセボ食品の摂取と比較して、体脂肪低減作用を示すかを検証した研究を収集した。国内外のデータベースで2021年3月22日に検索し、検索日以前に発表された文献を網羅的に集めたところ、条件を満たす文献は2報2研究で、いずれも日本で実施されたランダム化比較試験の査読付き(専門家により審査された)論文であった。

    オ.主な結果
    評価した2研究において、健常成人(肥満1度の者を含む)に、ウーロン茶重合ポリフェノール(ウーロンホモビスフラバンBとして)70 mgを、食事の際に1日2回(一日当たりウーロン茶重合ポリフェノール(ウーロンホモビスフラバンBとして)140 mg)摂取させることにより、プラセボ食品の摂取と比較して、体脂肪の低減が期待できると考えられた。

    カ.科学的根拠の質
    評価した2研究において、否定的な研究結果が選択的に公開されていない可能性が完全に否定できなかったことから、今後の研究を継続的に検証する必要があると考えられた。

    関連コンテンツ


    一覧へ戻る