一覧へ戻る

緑黄野菜

商品詳細

届出番号 F921
商品名 緑黄野菜
会社名 サンスター株式会社 他製品
ウェブサイト https://www.fld.caa.go.jp/caaks/cssc01/
表示しようとする機能性 血圧のサポート
本品にはGABAが含まれています。GABAには血圧が高めの方の血圧を下げる機能があることが報告されています。
想定する主な対象者 血圧が高めの健康な成人
機能性関与成分名 GABA
  • GABA
  • 1日あたりの含有量 12.3㎎
    摂取目安量 1缶(160g)
    摂取方法 1日1缶(160g)を目安に、よく振って静かに開缶し、そのままお飲みください。
    摂取をする上での注意事項 本品は、多量に摂取することにより、疾病が治癒したり、より健康が増進できるものではありません。 ビタミンKの摂取量を医師から制限されている方はご注意ください。
    届出日 2021/02/15
    販売開始予定日 2022/01/28
    販売状況 販売休止中
    食品分類 清涼飲料水
    加工食品(その他)(有機緑黄色野菜ジュース)
    安全性の評価方法 喫食実績の評価
    機能性の評価方法 機能性関与成分に関する研究レビュー
    確認を行った事業者団体等の名称
    消費者庁(届け出詳細内容)
    変更履歴

    (R3.5.7) 様式Ⅵ(表示見本)
    (R3.8.3) 届出食品基本情報、様式Ⅶ

    撤回日
    届出撤回の事由

    届出者の評価

    安全性

    当該製品は有機野菜(にんじん、ほうれん草、ピーマン、キャベツ、セロリ)とレモンを使用した野菜飲料であり、1缶(160g、一日摂取目安量)あたり機能性関与成分のGABAを12.3mg含む。当該製品は1992年から販売しており、2020年11月末時点での販売実績は約1億4300万缶である。日本全国で幅広い年代の方に飲用されているが、当該製品に起因する重篤な健康被害は報告されていない。したがって、当該製品は喫食実績による食経験が十分であると評価でき、安全性に問題はないと判断した。
    GABAと医薬品との相互作用については、降圧薬との併用により低血圧を起こす可能性が指摘されている。しかし、これは理論的に起こりうる可能性を述べたものであり、実際にGABAと降圧薬との併用により低血圧を起こした等の報告はない。GABA含有乳酸菌飲料(GABAの一日摂取目安量:10mg)と薬の相互作用について検討した文献では、GABA含有乳酸菌飲料の飲用により、薬物代謝酵素P450の阻害または誘導による薬物相互作用を起こす可能性は極めて低いと考察されている。加えて、長年当該製品を販売してきた中で、当該製品と降圧薬との併用により低血圧を起こした報告も受けていない。よって、当該製品に含まれるGABAと医薬品との相互作用は「なし」と判断した。

    機能性

    【標題】
    緑黄野菜に含まれる機能性関与成分GABAの摂取による血圧への効果に関する定性的研究レビュー
    【目的】
    血圧が高めの健康な成人に対して、GABAを含む食品の12週間以上の継続した摂取が、血圧を低下させるか明かにするため、定性的な研究レビューを実施した。
    【背景】
    高血圧は脳卒中や心疾患など脳心血管病を含む様々な疾患の危険因子とされており、現在日本では、高血圧の患者は約4,300万人いると推定されている。GABA(γ-アミノ酪酸)は、玄米やにんじんなどの植物の他、哺乳動物にも広く存在するアミノ酸の一種で、GABAの摂取により血圧が低下することが知られている。高血圧に対応することは健康の維持増進に必要な取り組みであることから、血圧が高めの健康な成人におけるGABAの血圧降下作用について検証するため、本研究レビューを行った。
    【レビュー対象とした研究の特性】
    2020年9月14日に、2020年9月までに発表された論文を対象にして検索を行った。検索の際には、血圧が高めの健康な成人(収縮期血圧130~139 mmHg 又は拡張期血圧85~89 mmHg)を対象とした試験を実施している文献を調査し、Ⅰ度高血圧(収縮期血圧140~159 mmHg 又は拡張期血圧90~99 mmHg)の方を含む場合は、血圧が高めの健康な成人と分けて結果を解析している文献のみを採用した。調査の結果、6報の文献がヒットした。
    【主な結果】
    文献6報のうち5報で、一日あたりGABAを12.3~80 mg継続的に摂取することで、GABAを摂取していない場合と比較して統計学的に有意(偶然ではなく意味があること)に血圧(収縮期血圧および拡張期血圧)が低くなることが認められた。以上のことから、血圧が高めの健康な成人においてGABAを一日あたり 12.3 mg以上、継続的に摂取することが高めの血圧を低下させる効果を有するという肯定的な結果が得られた。
    【科学的根拠の質】
    採用した文献が6報と少なく、一部で選択バイアス、症例減少バイアス、その他のバイアスの存在が疑われる文献もあるが、いずれの文献も二重盲検のランダム化並行群間比較試験として実施されており、本研究レビューにおける研究の質、信頼性は担保されているものと考えられる。

    関連コンテンツ


    一覧へ戻る