一覧へ戻る

リファイン 動き軽やかサポートw

商品詳細

届出番号 F884
商品名 リファイン 動き軽やかサポートw
会社名 花王株式会社 他製品
ウェブサイト https://www.kao.co.jp/refine/evi/
表示しようとする機能性 関節の動きをサポート;筋肉をつくる力をサポート
本品は、乳由来スフィンゴミエリンを含みます。乳由来スフィンゴミエリンには、健常な中高年の方がウォーキングなどの運動と併用すると、足の筋肉への神経伝達を助け、足の動き(動きの切り替え、合図に反応して足を踏み出すなど)をサポートする機能と、バランス感覚(足を上げてバランスを保つ)をサポートする機能が報告されています。50代以上の方にお勧めです。
想定する主な対象者 健常な中高年
機能性関与成分名 乳由来スフィンゴミエリン
  • 乳由来スフィンゴミエリン
  • 1日あたりの含有量 38 mg
    摂取目安量 1日1本(4.3g)を目安に、飲料に混ぜてお召し上がりください。
    摂取方法 (一日当たりの摂取目安量とともに表示)
    摂取をする上での注意事項 多量に摂取することにより、より健康が増進するものではありません。
    届出日 2021/02/04
    販売開始予定日 2021/06/01
    販売状況 販売休止中
    食品分類 粉末飲料
    加工食品(サプリメント形状)(乳由来スフィンゴミエリン含有食品)
    安全性の評価方法 既存情報による安全性試験結果
    機能性の評価方法 機能性関与成分に関する研究レビュー
    確認を行った事業者団体等の名称
    消費者庁(届け出詳細内容)
    変更履歴

    撤回日
    届出撤回の事由

    届出者の評価

    安全性

    【食経験の評価】
    ・喫食実績による評価
    本品の喫食実績はありませんが、参考として本品と同じ機能性関与成分(乳由来スフィンゴミエリン)を同量含有する3種類の製品(リファイン MFGM:一般食品、リファイン MFGM:届出番号C214、リファイン 動き軽やかサポートa:届出番号D457)の喫食実績を示します。2016年8月の販売開始からこれまでの間、これらの3製品を摂取したことによる、安全性上問題となる報告は認められていません。しかしながら、これらの3製品はタブレット形状の製品であり、本品と食品形態が異なり、類似する食品に該当しないため、既存情報を用いた評価を実施しました。

    ・既存情報を用いた評価
    本品は、一日当たりの摂取目安量1本(4.3 g)当たり、乳由来スフィンゴミエリンを38 mg含んでいます。本品の乳由来スフィンゴミエリンの含量は、牛乳437~585 mLに含まれる量に相当します。この牛乳相当量は日本人の平均的な1日当たりの牛乳摂取量よりも多いこと、さらに本品はサプリメント形状であるため過剰に摂取する可能性を否定できないことから、既存情報による食経験の評価では本品の安全性は不十分としました。

    【安全性試験に関する評価】
    ・既存情報による評価
    本品の機能性関与成分である乳由来スフィンゴミエリンの安全性を評価した試験情報を、主要な医学文献のデータベースで調査しました。その結果、12報の文献が確認されました。これらの文献では、健常成人に1日当たり5 mg~1.4 gの乳由来スフィンゴミエリンを10日間~24週間、摂取させていましたが安全性上問題となる事象は認められませんでした。よって、本品を適切に摂取する場合は、安全性の懸念はないと評価しました。

    【医薬品との相互作用に関する評価】
    本品の機能性関与成分である乳由来スフィンゴミエリンと医薬品との相互作用を示す情報はありませんでした。

    以上のことから、本品は摂取目安量を守り適切に摂取する場合、安全性上の懸念はないと評価しました。

    機能性

    1.「乳由来スフィンゴミエリンには足の動き(動きの切り替え、合図に反応して足を踏み出すなど)をサポートする機能が報告されています」の機能性に関する評価
    (ア)標題
    機能性関与成分「乳由来スフィンゴミエリン」による足の動きの機能性に関する定量的研究レビュー(メタアナリシス(※1))
    (イ)目的
    疾病に罹患していない者(未成年者、妊産婦及び授乳婦を除く)が、乳由来スフィンゴミエリンを摂取した時と、プラセボ食品(乳由来スフィンゴミエリンを含有しない)を摂取した時を比較して、乳由来スフィンゴミエリンの継続摂取が、疾病に罹患していない者(未成年者、妊産婦及び授乳婦を除く)の足の動きに与える影響をメタアナリシスで検証した。
    (ウ)背景
    乳由来スフィンゴミエリンの継続摂取により足の動きを改善することが報告されている。本研究レビューでは、乳由来スフィンゴミエリンの継続摂取が、疾病に罹患していない者(未成年者、妊産婦及び授乳婦を除く)の足の動きに与える影響を定量的研究レビュー(メタアナリシス)で検証した。
    (エ)レビュー対象とした研究の特性
    2019年10月3日に3つのデータベースの開設時から検索日までの情報を対象とし、乳由来スフィンゴミエリンの摂取とプラセボ食品(乳由来スフィンゴミエリンを含有しない)を比較した試験を検索した。検索の結果、疾病に罹患していない者(未成年者、妊産婦及び授乳婦を除く)を対象とした5報のランダム化比較試験(※2)を採用し、足の動きへの影響をメタアナリシスで検証した。採用文献は、乳由来スフィンゴミエリンの摂取と運動介入を併用し効果を評価した文献が4報、運動介入をせずに乳由来スフィンゴミエリンの摂取のみで効果を評価した文献は1報であった。全て乳由来スフィンゴミエリンを5週間以上摂取した試験であった。文献はいずれも査読付き論文であった。なお、5報とも著者に試験食品の製造元の社員が含まれていた。
    (オ)主な結果
    乳由来スフィンゴミエリン35 mg/日以上の5週間以上の継続摂取は足の動きを改善させた。このことから、乳由来スフィンゴミエリン35 mg/日以上の5週間以上の継続摂取は、疾病に罹患していない者(未成年者、妊産婦及び授乳婦を除く)の足の動きを改善させる効果を持つことが示された。以上より、乳由来スフィンゴミエリンを一日摂取目安量当たり38 mg含む本品は、足の動きを改善させる効果を持つと考えられた。
    (カ)科学的根拠の質
    採用文献5報をメタアナリシスで検証していることから、科学的根拠の質は担保されていると考えられた。また、採用文献は全て日本人の健常成人男女を対象とした試験であるため、乳由来スフィンゴミエリンは日本人において足の動きを改善させる機能性を持つと考えられた。

    2.「乳由来スフィンゴミエリンにはバランス感覚(足を上げてバランスを保つ)をサポートする機能が報告されています」の機能性に関する評価
    (ア)標題
    機能性関与成分「乳由来スフィンゴミエリン」によるバランス感覚への影響の定性的研究レビュー
    (イ)目的
    疾病に罹患していない者(未成年者、妊産婦及び授乳婦を除く)が、乳由来スフィンゴミエリンを摂取した時と、プラセボ食品(乳由来スフィンゴミエリンを含有しない)を摂取した時を比較して、乳由来スフィンゴミエリンの継続摂取が、疾病に罹患していない者(未成年者、妊産婦及び授乳婦を除く)のバランス感覚に与える影響を検証した。
    (ウ)背景
    乳由来スフィンゴミエリンの継続摂取によりバランス感覚を改善することが報告されている。本研究レビューでは、乳由来スフィンゴミエリンの継続摂取が、疾病に罹患していない者(未成年者、妊産婦及び授乳婦を除く)のバランス感覚に与える影響を定性的研究レビューで検証した。
    (エ)レビュー対象とした研究の特性
    2019年10月3日に3つのデータベースの開設時から検索日までの情報を対象とし、乳由来スフィンゴミエリンの摂取とプラセボ食品(乳由来スフィンゴミエリンを含有しない)を比較した試験を検索した。検索の結果、疾病に罹患していない者(未成年者、妊産婦及び授乳婦を除く)を対象とした2報のランダム化比較試験を採用した。採用文献2報は、乳由来スフィンゴミエリン、またはプラセボ食品(乳由来スフィンゴミエリンを含有しない)を摂取させ、バランス感覚を評価する試験であった。文献はいずれも査読付き論文であった。なお、2報とも著者に試験食品の製造元の社員が含まれていた。
    (オ)主な結果
    乳由来スフィンゴミエリン33 mg/日以上の8週間以上の継続摂取はバランス感覚を改善させた。このことから、乳由来スフィンゴミエリン33 mg/日以上の8週間以上の継続摂取は、疾病に罹患していない者(未成年者、妊産婦及び授乳婦を除く)のバランス感覚を改善させる効果を持つことが示された。以上より、乳由来スフィンゴミエリンを一日摂取目安量当たり38 mg含む本品は、バランス感覚を改善させる効果を持つと考えられた。
    (カ)科学的根拠の質
    本研究レビューで採用した2報はランダム化比較試験であり、2報とも一貫して乳由来スフィンゴミエリンがバランス感覚を改善する効果を示したことから、科学的根拠の質は担保されていると考えられた。また、採用文献2報は日本人の健常成人男女を対象とした試験であるため、乳由来スフィンゴミエリンは日本人においてバランス感覚を改善させる機能性を持つと考えられた。

    ※1メタアナリシス:複数の研究の結果を統計学的に統合して効果を評価する方法。ランダム化比較試験のメタアナリシスは、最も質の高い根拠とされている。
    ※2ランダム化比較試験:評価の偏りを避けて客観的に効果を評価できる試験方法で、信頼性の高い結果が得られるとされている試験方法。

    関連コンテンツ


    一覧へ戻る