一覧へ戻る

えがお 健康黒酢 ぶどう味

商品詳細

届出番号 F854
商品名 えがお 健康黒酢 ぶどう味
会社名 株式会社えがお 他製品
ウェブサイト https://www.241241.jp/evi/
表示しようとする機能性 体脂肪を減らす
本品には、酢酸が含まれます。酢酸には、肥満気味で内臓脂肪が気になる方の内臓脂肪を減少させる機能があることが報告されています。
想定する主な対象者 肥満気味(BMI25以上30未満)の方で内臓脂肪が気になる方
機能性関与成分名 酢酸
  • 酢酸
  • 1日あたりの含有量 750 ㎎
    摂取目安量 3袋
    摂取方法 一日当たり3袋を目安に、1袋あたり100mlのお水で薄めてお召し上がりください。
    摂取をする上での注意事項 ●原材料名をご確認の上、食物アレルギーがご心配な方は、ご使用をお控えください。 ●ご開封後はできるだけお早めにお召し上がりください。 ●お子様の手の届かないところに保管してください。 ●空腹時での摂取は強い刺激を感じることがあります。 ●必ず薄めてお召し上がりください。
    届出日 2021/01/27
    販売開始予定日 2021/06/01
    販売状況 販売休止中
    食品分類 清涼飲料水
    加工食品(その他)(清涼飲料水(希釈用))
    安全性の評価方法 喫食実績の評価;既存情報による食経験の評価;既存情報による安全性試験結果
    機能性の評価方法 機能性関与成分に関する研究レビュー
    確認を行った事業者団体等の名称
    消費者庁(届け出詳細内容)
    変更履歴

    撤回日
    届出撤回の事由

    届出者の評価

    安全性

    当該製品の機能性関与成分である酢酸は食酢の主成分であり、食酢は人類最古の発酵調味料として、和食のみならず、西洋や中華料理にも汎用されている。しかし、機能性関与成分である酢酸750㎎摂取に限定した喫食実績については十分な情報がない。
    本届出食品の類似食品としては酢酸(1日摂取目安量750 ㎎)を保健機能成分(関与成分)とした特定保健用食品が「血圧が高めの方」を対象に認可されており、食品健康影響評価に関する審議結果でも安全性に問題ないと判断されている。
    酢酸は、単一成分であることから、上記特定保健用食品の安全性評価結果は、当該食品に含まれる酢酸の安全性評価に置き換えることができる。
    以上のことから、酢酸を1日750㎎摂取する当該製品の安全性に問題はないと考えられた。

    機能性

    (ア)標題
     酢酸の内臓脂肪減少効果に関する研究レビュー

    (イ)目的
     肥満気味で内臓脂肪が高めな方(BMI 25以上30未満)に酢酸を摂取させ、酢酸を摂取しない群と比較することで、内臓脂肪が低下するか判断することを目的とした。

    (ウ)背景
     食酢は日本では古くから食べられている調味料であるが、健康な人を対象とした内臓脂肪の低下効果に関する研究は現在行われていない。よって今回研究レビューを実施した。

    (エ)レビュー対象とした研究の特性
     2017年8月15日に論文検索を実施し、検索日までに公開された論文を探索した。その結果、1報の論文が該当した。本論文は、肥満気味で内臓脂肪が高めな男女(BMI25以上30未満、25-60歳)を被験者とし、対象者をランダムに3群に振り分け実施した。1群はプラセボ群であり、残り2群は酢酸を摂取する群であった(低用量群、高用量群)。試験は二重盲検法で行われた。

    (オ)主な結果
     上記の論文にて、高用量群(750 mg/日、12週間摂取)はプラセボ群と比較して有意に内臓脂肪の面積が減少した。なお、本論文の被験者である「肥満気味で内臓脂肪が高めな男女(BMI25以上30未満)」は日本肥満学会が定める肥満度が肥満Ⅰ度であり、一般的に肥満度が正常値の人に比べ、「内臓脂肪が気になる方」と判断した。以上のことから、本品の摂取から期待される機能性を、消費者に分かりやすく、かつ、誤認を与えない表現として、「本品には、酢酸が含まれます。酢酸には、肥満気味で内臓脂肪が気になる方の内臓脂肪を減少させる機能があることが報告されています。」とした。

    (カ)科学的根拠の質
    今回の研究レビューの限界は、採用論文が1報のみであり、複数のデータで比較することができない為、非一貫性の評価には限度があると考えられた。しかし、採用論文はランダム化二重盲検であったためエビデンスの質としては高いと考えられる。

    関連コンテンツ


    一覧へ戻る