一覧へ戻る

ピルクル+α(プラスアルファ)

商品詳細

届出番号 F701
商品名 ピルクル+α(プラスアルファ)
会社名 日清ヨーク株式会社 他製品
ウェブサイト https://www.fld.caa.go.jp/caaks/cssc01/
表示しようとする機能性 お腹の調子を整える;中性脂肪を抑える;血糖値の上昇を抑える
本品にはイヌリンと乳酸菌NY1301株が含まれています。イヌリンは血中中性脂肪を下げる機能、食後の血糖値の上昇をゆるやかにする機能、乳酸菌NY1301株は腸内環境を改善し、おなかの調子を良好に保つ機能が報告されています。
想定する主な対象者 中性脂肪が気になる方、食後の血糖値が気になる方、おなかの調子を整えたい方
機能性関与成分名 イヌリン、乳酸菌NY1301株
  • イヌリン
  • 乳酸菌
  • 1日あたりの含有量 8.1g、400億個
    摂取目安量 1本195ml
    摂取方法 食事とともに一日当たりの摂取目安量をお召し上がりください。
    摂取をする上での注意事項 多量に摂取することにより疾病が治癒したり、より健康が増進したりするものではありません。飲みすぎ、あるいは体質・体調により、お腹が張ったり、ゆるくなることがあります。
    届出日 2020/12/09
    販売開始予定日 2021/03/28
    販売状況 販売中
    食品分類 発酵乳
    加工食品(その他)(乳製品乳酸菌飲料)
    安全性の評価方法 喫食実績の評価;既存情報による安全性試験結果
    機能性の評価方法 機能性関与成分に関する研究レビュー
    確認を行った事業者団体等の名称
    消費者庁(届け出詳細内容)
    変更履歴

    2021.01.29表示見本の変更
    2021.01.29届出後の販売状況「販売休止中」に再度チェックを付す

    撤回日
    届出撤回の事由

    届出者の評価

    安全性

    1.喫食実績の評価
    本届出食品は1本(195ml、一日当たりの摂取目安量)当たりイヌリンが8.1g、乳酸菌NY1301株(Lactobacillus paracasei subsp. paracasei NY1301)が400億個含まれている加工食品(その他)です。当該食品と類似する食品として「ピルクルBodycare(ボディケア)」(日清ヨーク株式会社)が挙げられます。この商品はこれまでの間、日本国内で累計約100万本(2020年11月末時点)販売されてきました。また、この商品は1日1本を目安に摂取されていると想定され、本届出食品の機能性関与成分であるイヌリンを8.1g/本、乳酸菌NY1301株を400億個/本含みます。この商品に関する健康被害情報はこれまでに確認されていません。したがって、本届出食品「ピルクル+α」は安全であると評価しました。

    2.既存情報による評価
    イヌリンの安全性について8~14 g/日及び40 g/日までの摂取は問題ないと評価されており、さらに、いくつかの臨床試験から総合して、70 g/日までのイヌリン摂取においても問題がないと評価されています。データベースにはイヌリンのアレルギー性に関する記載があり、イヌリン製品中に残存する原料由来のタンパク質の関与が示唆されているが、本届出食品の原料であるイヌリン(製品名:Fuji FF)は、アレルゲンフリーである砂糖から製造しており、製造工程中にアレルゲンになるような原料は使用していないことから、本届出食品ではアレルギー反応は起こらないと判断されます。

    乳酸菌NY1301株を400億個含む特定保健用食品「ピルクル400」の食品健康影響評価において安全性に問題はないと判断されています。

    3.医薬品との相互作用に関する評価
    イヌリン摂取によってカルシウムの吸収が促進されることが示唆されているが、カルシウムは、保険適応となる薬剤などがあり、厚生労働省の食事摂取基準で耐用上限量が定められている。このことから、イヌリンの摂取によりカルシウムの吸収が促進されることで、カルシウムの過剰摂取につながる可能性を検討したが、耐容上限量を上回るカルシウムの吸収量増加は起こらないと考えられます。

    以上を持ちまして、当該製品の安全性については十分であると評価いたしました。

    機能性

    【イヌリンの血中中性脂肪を下げる機能について】
    ①標題
    イヌリンの血中中性脂肪低下作用に関する研究レビュー(定性的レビュー)
    ②目的
    「イヌリンを含む食品を、疾病に罹患していない者または血中中性脂肪値がやや高めの者が摂取することにより、血中中性脂肪値を下げるか」を明らかにすることを目的とした。
    ③背景
    イヌリンは自然界に広く分布しており、穀物、野菜、果物などに多く含まれることが知られている。イヌリンの生理機能性に関しては、様々な報告があり、血中中性脂肪低下作用についても多数、論文化されている。研究成果全体をまとめたレビューに関しては、イヌリンの血中中性脂肪低下作用について、15報の文献を対象にメタ解析が実施され、血中中性脂肪値の有意な減少が報告されている(Brighenti F., J Nutr. 2007 Nov;137(11 Suppl):2552S-2556S)。しかしながら、このメタ解析では疾病に罹患している者を対象とした試験などが含まれており、機能性を表示するための研究レビューとしては適格ではないと判断し、新たに研究レビューを実施した。
    ④レビュー対象とした研究の特性
    『PubMed』『CENTRAL』『医中誌』をデータベースとして用い文献検索を2017年2月に実施した。検索対象期間は制限せず、言語は英語および日本語とし、対象集団は疾病に罹患していない者(未成年者、妊産婦、授乳婦は除く)または血中中性脂肪値がやや高め(血中中性脂肪値150~199 mg/dL)の者とし、イヌリンを含む食品の摂取による血中中性脂肪値の変化を検討した介入試験を対象にして、研究レビューを実施した。加えて正常血中中性脂肪値を示す被験者のみを対象に試験を実施した文献を別途定性評価した。なお、成人の基準が国によって異なるため、成人か未成年者の判断は実施国における成人の基準に則ることとし、採用の可否を判断した。
    ⑤主な結果
    抽出された6報の文献を用いて定性的レビューを行った結果、6報中4報の論文が肯定的であった。その際のイヌリン摂取量は8.1~17.6 g/日であった。また正常な血中中性脂肪値を示す被験者のみを対象とした文献は6報中4報で、そのうち2報で有意な血中中性脂肪低下作用を示したが、その他の2報では血中中性脂肪値の低下は認められなかった。更に、低下作用の認められた2報の論文においても、その低下度は小さく、正常範囲内に維持されていた。このことより、正常血中中性脂肪値を示す者がイヌリンを摂食した場合、血中中性脂肪値は正常範囲内に維持されるものと判断された。
    ⑥科学的根拠の質
    研究デザインの質を評価したところ、6報中4報は研究の質が最も高いレベル(バイアスリスクが低い)と判断した。研究の限界に関して、評価した6文献はいずれも外国人を対象としていることから、日本人への外挿性が懸念されたが、日本人の糖尿病患者を対象にイヌリンを摂取させた試験においても、本研究レビュー結果とほぼ同様な結果が認められることより、日本人への外挿性については問題ないと考えられた。これらのことから、本研究レビューの科学的根拠の質は確保されていると判断した。以上、本研究レビューの結果から、イヌリンの血中中性脂肪低下作用には科学的根拠があると判断した。

    【イヌリンの食後血糖の上昇を抑える機能について】
    ①標題
    イヌリンの食後血糖値上昇抑制作用に関する研究レビュー(定性的レビュー)
    ②目的
    「イヌリンを含む食品を、疾病に罹患していない者または空腹時血糖値が境界型の者が摂取することにより、食後血糖値の上昇をゆるやかにするか」を明らかにすることを目的とした。
    ③背景
    イヌリンは自然界に広く分布しており、穀物、野菜、果物などに多く含まれることが知られている。イヌリンの生理機能性に関しては、様々な報告があり、単回経口摂取による食後血糖値の上昇抑制作用についても多数、論文化されている。しかしながら、イヌリンの当該効果に関するシステマティックレビューの報告は確認できなかった。そこで、今回「イヌリンを含む食品を疾病に罹患していない者または空腹時血糖値が境界型の者が単回経口摂取することにより食後血糖値の上昇をゆるやかにするか」を明らかにすることを目的とした研究レビューを実施した。
    ④レビュー対象とした研究の特性
    『PubMed』『CENTRAL』『医中誌』をデータベースとして用い文献検索を2017年1月に実施した。検索対象期間は制限せず、言語は英語および日本語とし、対象集団は疾病に罹患していない者(未成年者、妊産婦、授乳婦は除く)または空腹時血糖値が境界型(空腹時血糖値110~125 mg/dL)の者とし、イヌリンを含む食品の単回経口摂取による食後血糖値の上昇抑制作用を検討した介入試験を対象にして、研究レビューを実施した。
    ⑤主な結果
    抽出された3報の文献を用いて定性的レビューを行った結果、すべての論文が肯定的であった。その際のイヌリン摂取量は5.2~10.8 gであった。また、これら3報は正常血糖値者を対象とした試験で、上記食後血糖上昇抑制効果は正常血糖値範囲内であったことより、血糖値正常者がイヌリンを摂取した場合には血糖値は正常範囲内に維持されるものと考えられる。
    ⑥科学的根拠の質
    研究デザインの質を評価したところ、3報全てが研究の質が最も高いレベル(バイアスリスクが低い)と判断した。研究の限界に関しては、評価した3報のいずれも小規模の試験であることや出版バイアスなどについて研究の限界が考えられるものの、その他の要因を含め、重大な影響ではないと判断した。これらのことから、本研究レビューの科学的根拠の質は確保されていると判断した。以上、本研究レビューの結果から、イヌリンの食後血糖値上昇抑制作用には科学的根拠があると判断した。

    【乳酸菌NY1301株の腸内環境を改善する機能について】
    ①標題
    乳酸菌NY1301株の腸内環境改善作用に関する研究レビュー
    ②目的
    便秘傾向の健常者に、乳酸菌NY1301株を摂取させることによって、プラセボ摂取と比べ、腸内環境が改善するかの検証を目的とした。
    ③背景
    乳酸菌NY1301株は、腸内の環境を改善し、おなかの調子を良好に保つ関与成分として、2001年に特定保健用食品の許可を受けた乳酸菌である。乳酸菌NY1301株の有用性を示した研究は数多く公表されているが、研究レビューについては確認されていなかった。そこで、今回「便秘傾向の健常者に、乳酸菌NY1301株を摂取させることによって、プラセボ摂取と比べ、腸内環境が改善するか」を明らかにすることを目的とした研究レビューを実施した。
    ④レビュー対象とした研究の特性
    2019年5月8日、2019年7月6日の2回に分けて、国内外の3つのデータベースを用いて検索を実施した。18歳以上の健常な日本人を対象とした文献を抽出し、事前に定めた条件によって取捨選択を行った。その結果、最終的に評価することになった論文はRCTが1報であった。
    ⑤主な結果
    乳酸菌NY1301株400億個/日、2週間の摂取では、プラセボ摂取と比較して、摂取期間平均の排便回数が有意に増加した。摂取期間平均の排便日数、および排便量については、増加傾向にとどまった。また、便中細菌占有率ではプラセボと比較して、乳酸菌NY1301摂取は、Lactobacillus属が有意に増加し、B.longum subsp.longum属に関しては乳酸菌NY1301株の摂取前後で有意な増加を示した。
    ⑥科学的根拠の質
    採用した研究について、高度の症例減少バイアスが見られた。また、アウトカムでは便通と便中細菌占有率に標準偏差の大きさからくる不精確があった。研究レビュー全体としては、文献の検索を英語と日本語のデータベースに絞ったことから、他言語での論文収集の網羅性の問題や出版バイアスの存在は否定できない。

    関連コンテンツ


    一覧へ戻る