一覧へ戻る

ローケア

商品詳細

届出番号 F344
商品名 ローケア
会社名 株式会社リアルネット 他製品
ウェブサイト http://real-healthcare.com/wp/
表示しようとする機能性 体温(末梢体温)を維持する
本品にはセイヨウサンザシ由来フラボノイド(ハイペリンとして)およびカプサイシンが含まれますので、末梢血流を保ち冬の寒さや夏の冷房などで室内の温度が低い時の末梢体温を温かく保つ機能があります。
想定する主な対象者 寒い時に末梢の冷えを感じる健常者
機能性関与成分名 セイヨウサンザシ由来フラボノイド(ハイペリンとして)、カプサイシン
  • カプサイシン
  • ハイペリン
  • 1日あたりの含有量 セイヨウサンザシ由来フラボノイド(ハイペリンとして)5.6mg・カプサイシン280ug
    摂取目安量 4粒
    摂取方法 夕食後、水又はぬるま湯などと一緒にお召し上がりください。
    摂取をする上での注意事項 開封後はチャックをしっかり閉め、直射日光・高温多湿を避けて保存してください。 乳幼児の手の届かない所に置いてください。 体調・体質により、まれに合わない場合がありますので、その場合はご使用をお控えください。 血圧が高めの方はご使用をお控えください。 水濡れや汚れのつかない衛生的な環境でお取り扱いください。 食物アレルギーのある方は、原材料名をご確認の上ご使用をお決めください。
    届出日 2020/08/04
    販売開始予定日 2020/10/12
    販売状況 販売休止中
    食品分類 栄養補助食品
    加工食品(サプリメント形状)(西洋サンザシエキス末、香辛料抽出物含有加工食品)
    安全性の評価方法 既存情報による食経験の評価
    機能性の評価方法 最終製品を用いた臨床試験
    確認を行った事業者団体等の名称
    消費者庁(届け出詳細内容)
    変更履歴

    撤回日
    届出撤回の事由

    届出者の評価

    安全性

    セイヨウサンザシ由来フラボノイド(ハイペリンとして)については、ドイツ連邦保健庁の専門委員会よって、西洋サンザシエキス900㎎[フラボノイド(ハイペリンとして)19.8㎎]までの摂取が認められています。
    また、カプサイシンについては、ドイツ連邦リスク評価研究所(ドイツ政府機関)によって、伝統的な食事における大人の1回の食事当たりの総カプサイシンの摂取量を最大5 mg/kg bwと推定さています。これは、体重60㎏の成人で考えると、300㎎に相当します。
    本品に含まれるそれぞれの機能性関与成分量は、上記した二つの報告で示された量よりも少量であるため、安全性に問題はないと判断しております。

    機能性

    [標題]
    至適血圧および血圧が低めで冷えを感じやすい健常成人を対象としたセイヨウサンザシ由来フラボノイド(ハイペリンとして)およびカプサイシン含有サプリメントによる冷えの改善効果
    [目的]
    至適血圧および血圧が低めの健康な日本人成人男女で冷えを感じやすい者を対象に、セイヨウサンザシ由来フラボノイドおよびカプサイシンを含むサプリメントを継続して摂取すると、冷えにどのような効果を及ぼすのかを検証することを目的としました。
    [背景]
    サンザシの実は古くから生薬として用いられ、消化吸収を助け、血液の滞りを改善すると言われています。またカプサイシンは唐辛子の辛み成分として広く知られており、摂取すると、皮膚温度や深部体温が上昇し、心拍数や血圧が上昇します。
    そこで我々は、セイヨウサンザシ由来フラボノイド(ハイペリンとして)とカプサイシンを含む食品が至適血圧および血圧が低めで冷えを感じやすい健康な日本人成人男女の冷えにどのような効果を及ぼすのかを検討するため、無作為化プラセボ対照二重盲検並行群間比較試験を行いました。
    [方法]
    試験の対象者は18歳以上59歳以下の健康な日本人男女として募集を行いました。
    試験品を12週間摂取する無作為化プラセボ対照並行群間比較試験を実施しました。試験品は、セイヨウサンザシ由来フラボノイド(ハイペリンとして)を5.6mg、カプサイシンを280μg含有するソフトカプセルです。アウトカムを、VASを用いた冷えに関する自己評価、末梢血流、深部体温、冷水負荷試験による皮膚表面回復温度としました。また、試験品の安全性についても評価しました。
    [主な結果]
    事前の基準に従って、12週間の継続摂取を行い、最終的に解析対象となったのは33人でした。試験品(セイヨウサンザシ由来フラボノイド(ハイペリンとして)、カプサイシン含有)は、プラセボ品と比べて、末梢血流と深部体温の低下を抑える結果となりました。また、冷水による負荷後の皮膚表面回復温度AUCにおいても、試験品はプラセボと比べて増加することが確認されました。
    [科学的根拠の質]
    自己都合による脱落者が9人いましたが、試験は無作為化プラセボ対照並行群間比較試験で行われ、解析対象不採用者はいなかったことから、試験の信頼性に問題はないものと判断いたしました。

    関連コンテンツ


    一覧へ戻る