一覧へ戻る

枝豚肉氷温熟成氷室豚 14日熟成

E433

商品詳細

届出番号 E433
商品名 枝豚肉氷温熟成氷室豚 14日熟成
会社名 株式会社クリマ 他製品
ウェブサイト https://himurobuta.jp//
表示しようとする機能性 疲労感を軽減;記憶の精度を高める
本品には、イミダゾールジペプチドが含まれています。 イミダゾールジペプチド200mg(本品40g)には、一過性の疲労感を軽減する機能があることが報告されています。 また、イミダゾールジペプチド1,000mg(本品200g)には、中高年の方の加齢に伴い低下する認知機能の一部である記憶力(言葉を覚え、思い出す能力)を維持することが報告されています。 一時的な疲れを感じている方や、加齢による記憶力低下を感じている方に適した食品です。
想定する主な対象者 健常な中高年者
機能性関与成分名 イミダゾールジペプチド
  • イミダゾールジペプチド
  • 1日あたりの含有量 200mg 1,000mg
    摂取目安量 40g(機能性関与成分200mg/日) 200g(機能性関与成分1,000mg/日)
    摂取方法 必ず適正な加熱調理をしてからお召し上がりください。
    摂取をする上での注意事項 多量に摂取することにより、疾病が治癒したり、より健康が増進するものではありません。 一日の摂取目安量を参考にして、脂質の摂り過ぎに注意しましょう。
    届出日 2019/09/28
    販売開始予定日 2019/12/02
    販売開始予定日 販売休止中
    食品分類 食肉加工品
    生鮮食品(豚肉)
    安全性の評価方法 喫食実績の評価
    機能性の評価方法 機能性関与成分に関する研究レビュー
    確認を行った事業者団体等の名称 一般社団法人機能性表示食品検定協会
    消費者庁(届け出詳細内容)
    変更履歴

    撤回日
    届出撤回の事由

    届出者の評価

    安全性

    本品「枝豚肉氷温熟成 氷室豚」は、2009年6月の発売以来、年間平均96,000kg(1食200gとして約48万食分)の販売実績があります。日本で年齢、性別、健康状態を問わず販売され、発売以来約10年間、重篤な健康被害は報告されていません。
    以上より、本品は安全性の高い商品と判断しました。

    機能性

    1. イミダゾールジペプチドによる疲労感の軽減について
    (ア)標題:イミダゾールジペプチドによる疲労感の軽減に関するシステマティックレビュー
    (イ)目的:健常成人に対してイミダゾールジペプチドを摂取することにより、疲労感の改善作用を確認することです。
    (ウ)背景:疲労感を自覚している人の割合は就労人口の約60%であり、このような状況の中、疲労感を軽減する製品の開発及び科学的実証評価が望まれています。最近の研究ではイミダゾールジペプチドの摂取により疲労感の改善に有用であるとの報告がされています。
    (エ)レビュー対象とした研究の特性:PubMedおよび医中誌Web2つの電子データベースを使用し、健常成人を対象にイミダゾールジペプチドを用いて疲労感の改善について調査したランダム化比較試験(RCT)及び準RCTを収集しました。各採用文献と研究全体での各種バイアス・リスクや、疲労感の改善に関する機能についてエビデンスの重要度等を評価しました。
    (オ)主な結果:健常成人にイミダゾールジペプチドを摂取させることで、採用した文献5報のうち4報で疲労感の改善に対して肯定的な評価が報告されていました。これら4報のうち2報でプラセボ群と比較して群間有意差があり、肯定的な評価が報告されていました。これら2報の摂取量は200~400㎎/日、摂取期間は4~8週間でした。いずれも日本で研究が実施され報告されているため、この結果は日本人への外挿性に問題ないと判断しました。
    (カ)科学的根拠の質:採用文献のエビデンス総体について、バイアス・リスクは「低」、またエビデンスの強さは「B(中)」と評価した。ただし、サンプリングバイアス(被験者の偏り)や言語バイアス(英語と日本語のキーワードのみでの検索による偏り)が完全には否定できないことが挙げられる。

    2. イミダゾールジペプチドによる認知機能の改善について
    (ア)標題:イミダゾールジペプチドによる認知機能に関するシステマティックレビュー
    (イ)目的:健常成人に対してイミダゾールジペプチドを摂取することにより、記憶などの認知機能に対する有用性を確認することです。
    (ウ)背景:認知機能の維持は健康寿命を考慮すると重要なことと思われます。最近の研究ではイミダゾールジペプチドの摂取により認知機能の低下を抑制するという報告があり、イミダゾールジペプチドの認知機能に関するシステマティックレビューの実施が望まれていました。
    (エ)レビュー対象とした研究の特性:PubMedおよび医中誌Web2つの電子データベースを使用し、健常成人を対象にイミダゾールジペプチドを用いて認知機能について調査したランダム化比較試験(RCT)及び準RCTを収集した。各採用文献と研究全体での各種バイアス・リスクや、認知機能に関する機能性についてエビデンスの重要度等を評価しました。
    (オ)主な結果:イミダゾールジペプチドを1000mg/日摂取することで認知機能に対して有用であることが確認されました。よってイミダゾールジペプチドの摂取は認知機能の一部である、中高年の方の加齢に伴い低下する記憶力(言葉を覚え、思い出す能力)をサポートする機能を有する食品成分であり、機能性表示食品として日常生活の維持に役立つものと考える。
    (カ)科学的根拠の質:採用文献のエビデンス総体について、バイアス・リスクは「低」、またエビデンスの強さは「A(強)」と評価した。ただし、サンプリングバイアス(被験者の偏り)や言語バイアス(英語と日本語のキーワードのみでの検索による偏り)が完全には否定できないことが挙げられる。

    購入ページ

    関連ニュース

    関連コンテンツ


    一覧へ戻る