一覧へ戻る

ミラクルそいぐると(無糖)

E295

商品詳細

届出番号 E295
商品名 ミラクルそいぐると(無糖)
会社名 株式会社ミラクルソイグルト 他製品
ウェブサイト https://miraclesoygult.co.jp
表示しようとする機能性 骨代謝の促進
本品には大豆イソフラボンが含まれています。大豆イソフラボンには骨の成分の維持に役立つ機能があることが報告されています。本品は骨を丈夫にしたい方に適した食品です。
想定する主な対象者 骨を丈夫に維持したい中高年の女性
機能性関与成分名 大豆イソフラボン
  • 大豆イソフラボン
  • 1日あたりの含有量 23.3mg(アグリコンとして)
    摂取目安量 1本(100g)
    摂取方法 よく振って一日1本(100g)を目安にお召し上がりください。
    摂取をする上での注意事項 本品は、多量摂取により疾病が治癒したり、より健康が増進するものではありません。一日摂取目安量を守ってください。妊娠中・授乳中の方、乳幼児、小児は本品の摂取を避けてください。
    届出日 2019/07/31
    販売開始予定日 2019/11/05
    販売開始予定日 販売中
    食品分類 清涼飲料水
    加工食品(その他)(清涼飲料水)
    安全性の評価方法 既存情報による食経験の評価;既存情報による安全性試験結果
    機能性の評価方法 機能性関与成分に関する研究レビュー
    確認を行った事業者団体等の名称
    消費者庁(届け出詳細内容)
    変更履歴

    撤回日
    届出撤回の事由

    届出者の評価

    安全性

    日本において、大豆は古くから食されてきたものであり、日常生活において一般の大豆食品から摂取する大豆イソフラボンによる健康被害が報告された例はない。また、大豆イソフラボンを関与成分とする特定保健用食品は平成28年1月までに7品許可されており、それらは個々に安全性が評価され、それぞれが安全であると報告されている。
     また、食品安全委員会の「大豆イソフラボンを含む特定保健用食品の安全性評価の基本的な考え方(2006年5月)」によれば、日常の食事とは別に摂取する量、つまり健康食品として摂取する大豆イソフラボンの安全な一日の上乗せ摂取量の上限値は30 mg(アグリコンとして)であるとされている。したがって、本品の一日摂取目安量(アグリコンとして23.3mg)はこの範囲に合致し、安全性には問題ないと考えられる。
     以上のことから、大豆イソフラボンを機能性関与成分とした本品の安全性は十分に確認されていると考える。

    機能性

    (ア)標題:最終製品「ミラクルそいぐると(無糖)」に含まれる機能性関与成分大豆イソ
    フラボンによる骨吸収抑制の機能性に関するシステマティックレビュー
    (イ)目的:健常な日本人中高年女性において、大豆イソフラボンの摂取が骨吸収抑制の機能性を有するかについて、ヒト試験論文の研究レビューを実施し、検証することを目的とした。
    (ウ)背景:大豆イソフラボンの摂取が骨の形成や、溶出、および骨密度に及ぼす影響については多くの研究がなされているが、食品安全委員会より2006 年に設定された大豆イソフラボンの摂取上限値である70mg/日(アグリコン換算)以上を摂取した論文や、被験者が健常な日本人中高年女性でない研究を除外したシステマティックレビューはなされていないことから、本研究レビューでは、骨吸収抑制の指標である骨吸収マーカーデオキシピリジノリン(Dpd)をアウトカムとして、健常な日本人中高年女性において、大豆イソフラボンの経口摂取が骨吸収を抑制するか、機能性を検証した。
    (エ)レビュー対象とした研究の特性:文献検索により7文献が抽出された。評価対象となった7報は、査読付き論文であり、研究デザインは、盲検性が不明のランダム化クロスオーバー試験が1報、単盲検ランダム化クロスオーバー試験が2報、二重盲検ランダム化比較試験が3報、二重盲検ランダム化クロスオーバー比較試験が1報であった。
    (オ)主な結果:定性評価の結果、大豆イソフラボンの摂取量は、23.3mg/日(アグリコン換算)であった。以上のことから、大豆イソフラボンの23.3mg/日(アグリコン換算)の摂取により骨の吸収が抑制され、骨の成分の維持に役立つ機能が明らかとなった。
    (カ)科学的根拠の質:レビューレベルの限界については、未発表データが存在する可能性は否定できないものの、研究の収集は、英語文献では、医学及び生物学分野の主要なデータベースであるPubMed、日本語文献においては、国内の医学、歯学、薬学等における日本語論文データベースである医中誌を使用したため、公開されている当該研究はほぼ網羅されている。

    購入ページ

    関連ニュース

    関連コンテンツ


    一覧へ戻る