一覧へ戻る

ローズヒップ

E207

商品詳細

届出番号 E207
商品名 ローズヒップ
会社名 株式会社吉野家ホールディングス 他製品
ウェブサイト https://www.yoshinoya-holdings.com/
表示しようとする機能性 体脂肪を減らす
本品にはローズヒップ由来ティリロサイドが含まれます。ローズヒップ由来ティリロサイドは、BMIが高めの方の体脂肪を減らす機能が報告されています。
想定する主な対象者 健常な範囲でBMIが高めの疾病に罹患していない者(未成年、妊産婦、授乳婦を除く)
機能性関与成分名 ローズヒップ由来ティリロサイド
  • ティリロサイド
  • 1日あたりの含有量 0.1mg
    摂取目安量 1袋5g
    摂取方法 成分が沈殿している場合はよく振り全量を食事にかけて食べてください。
    摂取をする上での注意事項 1日の摂取目安量を守ってください。
    届出日 2019/06/28
    販売開始予定日 2019/08/31
    販売開始予定日 販売休止中
    食品分類 調味料
    加工食品(その他)(調味液)
    安全性の評価方法 既存情報による食経験の評価
    機能性の評価方法 機能性関与成分に関する研究レビュー
    確認を行った事業者団体等の名称
    消費者庁(届け出詳細内容)
    変更履歴

    撤回日
    届出撤回の事由

    届出者の評価

    安全性

    ローズヒップ由来ティリロサイドを含むローズヒップエキスは「健康食品の安全性自主点検認証登録制度」(公益財団法人健康・栄養食品協会)に2011年から継続して認証され、外部機関により安全性も確認されている。
    ローズヒップ由来ティリロサイドを本品と同じ量使った製品がサプリメントや茶飲料として日本国内において使用実績がある。サプリメントは12年以上の販売実績があり、飲料は日本全国の幅広い年齢層に飲用されているが、ローズヒップ由来ティリロサイドに起因する重篤な健康被害は見られていない。本品はローズヒップ由来ティリロサイドを含むローズヒップエキスにだし等の調味液を混合したものである。ローズヒップ由来ティリロサイドは水溶性であるため、摂取後直ちに溶解し、先に挙げた食品と同様な消化吸収過程をたどると考えられる。従って本品そのものの食経験はないが、既存情報から安全であると判断した。
    ローズヒップ由来ティリロサイドと医薬品との相互作用は報告されていない。

    機能性

    【標題】
    ローズヒップ由来ティリロサイドを含む食品の体脂肪低減作用に関する
    システマティック・レビュー
    【目的】
    ローズヒップ由来ティリロサイドを含む食品の摂取が、健康な成人の体脂肪低減に有効であるかをシステマティック・レビューにより明らかにする。
    【背景】
    ローズヒップとはヨーロッパや中近東、北アフリカを原産とするバラ科植物の実で、食用や薬用として古くから利用されている。近年は日本でも市場に出回りハーブティなどの形で親しまれている。ローズヒップには抗酸化、抗炎症、抗菌、利尿などさまざまな機能があることがわかっているが、体脂肪低減作用については動物での研究報告があるものの、ヒトでの報告は少ない。
    【レビュー対象とした研究の特性】
    日本国内外のヒト試験論文から試験協力者にローズヒップ由来ティリロサイドあるいはそれと区別できないプラセボどちらかを摂取させて比較するやり方(ランダム化比較試験という)のヒト試験を選び、効果指標である体脂肪低減作用、具体的には、体脂肪面積(腹部の全脂肪面積、皮下脂肪面積、および内臓脂肪面積)を評価した。
    【主な結果】
    条件に合致する論文が1報あった。採用された1報は、BMI(Body Mass Index)が25.0 kg/m^2 以上30.0 kg/m2^ 未満の健康な(疾病のない)成人男女を対象とし、ローズヒップエキスを含む錠剤の摂取により、体脂肪面積(皮下脂肪面積および内臓脂肪面積)などの効果指標に改善がみられるかどうかについて、検証したものであった。摂取させたローズヒップ由来ティリロサイド含量は、1日あたり0.1 mgであった。結果、摂取12週間後において、腹部の全脂肪面積、皮下脂肪面積および内臓脂肪面積の変化量が、プラセボ群と比べ、有意に低下した。また別途行なった内臓脂肪面積が100平方cmを 超える被験者を除いた健常者18名を対象に層別解析を行った結果においても腹部の全脂肪面積、皮下脂肪面積及び内臓脂肪面積の変化量は、ローズヒップ由来ティリロサイド摂取群がプラセボ群に比べ、いずれも有意な低値を示した。
    【科学的根拠の質】
    採用文献が1報であったので限界があるが、日本人を対象とした試験であり、試験計画がよく遵守されていることから、肯定的な結論は変わらないと判断した。
    【結論】
    1日あたり0.1 mgのローズヒップ由来ティリロサイドを含む食品の摂取が、健康な成人の体脂肪低減に有効である可能性が高いと考える。

    購入ページ

    関連ニュース

    関連コンテンツ


    一覧へ戻る