一覧へ戻る

ミヤジマ紫黒米酢

商品詳細

届出番号 E181
商品名 ミヤジマ紫黒米酢
会社名 宮島醤油株式会社 他製品
ウェブサイト https://www.miyajima-soy.co.jp/
表示しようとする機能性 体脂肪を減らす
本品には酢酸が含まれます。酢酸には肥満気味の方の内臓脂肪を減らす機能が報告されています。内臓脂肪が気になる方に適した食品です。
想定する主な対象者 肥満気味の方、内臓脂肪が気になる方
機能性関与成分名 酢酸
  • 酢酸
  • 1日あたりの含有量 750mg
    摂取目安量 30ml
    摂取方法 大さじ2杯(30ml)を目安に4倍程度の水で薄めてお召し上がりください。シロップを加えたり、ソーダで割ってもおいしくお召し上がれます。
    摂取をする上での注意事項 本品は多量摂取により、より健康が増進するものではありません。空腹時や原液での摂取は刺激を強く感じることがあります。
    届出日 2019/06/21
    販売開始予定日 2019/10/01
    販売状況 販売中
    食品分類 清涼飲料水
    加工食品(その他)(米酢)
    安全性の評価方法 既存情報による食経験の評価;既存情報による安全性試験結果
    機能性の評価方法 機能性関与成分に関する研究レビュー
    確認を行った事業者団体等の名称
    消費者庁(届け出詳細内容)
    変更履歴

    (R1.10.7)表示見本の変更
    (R1.11.27)表示見本の追加
    (R2.1.8)様式Ⅳ組織図の変更
    (R3.1.7)様式Ⅳ組織図の変更

    撤回日
    届出撤回の事由

    届出者の評価

    安全性

    届出食品である「紫黒米酢(以下届出食品とする)」は平成19年6月の発売以降、現在までに150mlタイプで約1,000本、195mlタイプで約5,000本を販売している。また、食酢は古くから使われている調味料であり、当工場においても昭和36年より57年間にわたり食酢を製造販売しているが、これまでに因果関係の認められた有害事象に該当するものは報告されておらず、安全性に関する問題は発生していない。

    また、「国立健康・栄養研究所」の情報データベースでは食酢、および機能性関与成分である酢酸(以下、酢酸とする)についての安全性に関する情報として“食品として摂取する場合はおそらく安全である。酢酸は高濃度の物を摂取すると、中毒を起こすおそれがあるため注意が必要である。妊娠中・授乳中に食事以外から大量に摂取することは信頼できる情報が少ないため避ける。”と記載がある。

    高濃度のものを摂取した報告事例として、りんご酢250ml/日(酢酸約200mmol含有)を約6年間摂取した事例、99%純酢酸10mlを飲用した事例などが掲載されているが、届出食品の酢酸濃度が極めて低濃度(40分の1程度)であることから、届出食品を一日摂取目安量摂取する場合においては安全と考えられる。

    以上から、酢酸の摂取は届出食品の飲用において安全と考える。

    機能性

    (ア)標題
    酢酸摂取による内臓脂肪低減効果について

    (イ)目的
    BMI25kg/m2以上30kg/m2未満の成人男女に対し、酢酸の経口摂取(摂取形態問わず)によってプラセボ群に対して有意に内臓脂肪が低減したかについて研究レビューを行って検証した。

    (ウ)背景
    食酢の主成分である酢酸の機能性については血圧や脂質の低減や疲労回復など様々な効果について報告がなされているが、内臓脂肪低減については明らかになっていない。そこで本研究レビューでは内臓脂肪低減における酢酸の効果について評価を行った。

    (エ)レビュー対象とした研究の特性
    論文検索を行った結果、採用した論文は1報のみだった。その採用論文ではBMI25kg/m2以上30kg/m2未満で年齢が25~60歳の疾病に罹患していない日本人男女175名を対象被験者としたRCTであった。介入群は機能性関与成分の酢酸を1日当たり750㎎または1500㎎、プラセボ群は乳酸を1250mgそれぞれ摂取し、12週間の介入後、4週間の観察期間が設けられていた。175名中155名が試験を完了していた。

    (オ)主な結果
    酢酸750mg/日摂取群とプラセボ群の試験開始時と12週後の内臓脂肪面積変化量(%)を比較すると、酢酸摂取群の内臓脂肪はプラセボ群に対して有意な低減が認められた。

    (カ)科学的根拠の質
    限界として採用文献は1報のみであり、症例減数バイアス、出版バイアスなどにリスクが考えられたが、設定した適格基準との直接性があり、酢酸摂取による内臓脂肪低減については客観的かつ肯定的な根拠が示されていた。よって科学的根拠の質は高いと判断した。

    関連コンテンツ


    一覧へ戻る