一覧へ戻る

ぷちぷち食感蒸し大麦

D403

商品詳細

届出番号 D403
商品名 ぷちぷち食感蒸し大麦
会社名 株式会社山清 他製品
ウェブサイト http://www.yamasei.jp/
表示しようとする機能性 血糖値の上昇を抑える
本品には大麦β-グルカンが含まれます。大麦β-グルカンには、食後血糖値の上昇をおだやかにする機能があることが報告されています。
想定する主な対象者 食後血糖値の上昇が気になる成人健常者
機能性関与成分名 大麦β-グルカン
  • β-グルカン
  • 1日あたりの含有量 1.8g
    摂取目安量 1日1回1袋(50g)を目安にお召し上がりください。
    摂取方法 そのままお召し上がりいただくか、料理などにお使いください。
    摂取をする上での注意事項 多量に摂取することにより、体調によってはおなかがゆるくなることがあります。
    届出日 2018/12/21
    販売開始予定日 2019/03/01
    販売開始予定日 販売中
    食品分類 米飯類
    加工食品(その他)(蒸し大麦)
    安全性の評価方法 喫食実績の評価
    機能性の評価方法 機能性関与成分に関する研究レビュー
    確認を行った事業者団体等の名称
    消費者庁(届け出詳細内容)
    変更履歴

    (2020.8.18)様式Ⅲ添付分析資料の修正
    (2019.6.18)様式Ⅴ 別紙様式(Ⅴ)-16 食品性状の訂正

    撤回日
    届出撤回の事由

    届出者の評価

    安全性

    当該製品は、大麦を蒸しあげた商品です。本品の原料である大麦は古くから日本で食べられている食物で、米に次ぐ主食として食べられており、喫食実績は十分にあります。
    本品の機能性関与成分である大麦β-グルカンにつきましても、農林水産省「食料需給表」などの資料によると、大麦を炊飯した麦ごはんなどとして、一日たり2~3g摂取されていた食経験があります。

    機能性

    【標題】
    大麦β-グルカンによる食後血糖の上昇抑制機能に関する研究レビュー
    【目的】
    大麦β-グルカンの食後血糖の上昇を抑制する機能に関して、健常者を対象とした論文を評価することを目的としました。
    【背景】
    大麦は古くから栽培され食用に供されてきた作物であり、今日に至るまで一般的な主食などとして、あるいは味噌、ビール、焼酎、麦茶などの加工食品の原料として用いられています。最近、大麦に含まれる水溶性食物繊維である大麦β-グルカンが各種機能性を有する物質として注目されています。食後の血糖の急激な上昇を抑制するとする文献も報告されています。しかし、これらの論文を評価した研究レビューは報告されていません。
    【レビュー対象とした研究の特性】
    英語及び日本語の文献データベース3種類(PubMed、The Cochrane Library、JDreamⅢ)を用いて、目的に合致した文献を検索しました。採用した5報の試験デザインはすべてRCT試験であり、いずれの文献も対象者は成人健常者であり、大麦β-グルカンの素材としては抽出物や濃縮物ではなく、大麦穀粒や大麦粉でありました。
    【主な結果】
    この5報のうち2報が日本人を対象とした文献であり、他はイタリア2報、スウェーデン1報でありました。食後血糖の上昇抑制効果の指標である食後血糖のピーク値と食後血糖の上昇曲線下面積(AUC)値の二つの値について評価を行ったところ、4報においては両指標で有効性が確認され、1報においては食後血糖のピーク値において有意な低下が報告されていました。両指標において有効性が確認された大麦β-グルカン摂取量は1.055g~11.7gでありました。このうち、日本人については大麦β-グルカン摂取量は1.055g~1.8gでありました。さらに、食品形態等を考慮すると1食当たり1.8g以上の大麦β-グルカンを含有すれば食後血糖の上昇が抑制されると結論付けました。
    【科学的根拠の質】
    採用した5報の試験デザインはすべてRCT試験であり、いずれの文献も査読付文献であることから研究の質は高いと判断しました。バイアス・リスクは中程度でありましたが、今回の結果に与える影響は小さいと判断しました。
                                                      (構造化抄録)

    購入ページ

    関連ニュース

    関連コンテンツ


    一覧へ戻る