一覧へ戻る

ピントマン

D324

商品詳細

届出番号 D324
商品名 ピントマン
会社名 株式会社ディーエイチシー 他製品
ウェブサイト https://www.dhc.co.jp
表示しようとする機能性 眼の機能をサポート
本品にはビルベリー由来アントシアニンが含まれるので、VDT作業(パソコンやスマートフォンなどのモニター作業)による眼のピント調節機能の低下を緩和する機能があります。
想定する主な対象者 近見作業を行う健康な成人男女
機能性関与成分名 ビルベリー由来アントシアニン
  • アントシアニン
  • 1日あたりの含有量 64.8mg
    摂取目安量 2粒
    摂取方法 一日摂取目安量を守り、水またはぬるま湯でお召し上がりください。
    摂取をする上での注意事項 原材料をご確認の上、食物アレルギーのある方はお召し上がりにならないでください。
    食品分類 栄養補助食品
    加工食品(サプリメント形状)(ビルベリーエキス食品)
    届出日 2018/11/20
    摂取方法 一日摂取目安量を守り、水またはぬるま湯でお召し上がりください。
    食品分類 栄養補助食品
    加工食品(サプリメント形状)(ビルベリーエキス食品)
    届出日 2018/11/20
    販売開始予定日 2019/01/21
    安全性の評価方法 食経験の評価
    機能性の評価方法 最終製品を用いた臨床試験
    消費者庁(届け出詳細内容)
    変更履歴

    (H31.2.13)表示見本の修正

    撤回日
    届出撤回の事由

    届出者の評価

    安全性

    弊社で既に2015年5月より全国で販売している当該製品と同一処方の製品「速攻ブルーベリー」は、これまで累計303万袋以上の販売実績がある。
    健康被害情報について、お客様より健康食品相談室に申告があった内容を解析したところ、重篤な症状は一切発生しておらず、また当該製品の機能性関与成分であるビルベリー由来アントシアニンの摂取が起因となるような内容の健康被害発生事例は一切発生していない。
    従って、当該製品について、健康な成人男女を対象として、一日摂取目安量を守って適切に使用すれば、安全性に問題はないと判断している。

    機能性

    【標題】
    ビルベリー由来アントシアニン(以下VMAと省略)が、 VDT作業(パソコンやスマートフォンなどのモニター作業)による 眼のピント調節機能の低下を改善する効果の検討
    【目的】
    成年健常人がVMAを摂取した場合にVDT作業やVDT作業負荷によるピント調節機能の低下が改善するか検証することを目的とした。
    【背景】
    VMAは抗酸化能を有することから視機能の低下を改善することが期待され広く使用されてきた。VMAを含有する当該製品が、成年健常人においてVDT作業やVDT作業負荷によって眼を酷使した場合にピント調節機能の低下を改善するか検証することを目的として本試験が実施された。
    【方法】
    日本人の20-45才のパソコン等を使用する作業に従事している、あるいはVDT作業による眼のピント調節機能の低下を感じている健常人男女23名に、VMAを含有する食品またはVMAを含まない類似食品を摂取させて、ピント調節機能に対する効果を比較した。どちらの食品を摂取しているかは食品を摂取する被験者と試験を実施する側の双方に知らされない状態で試験が行われ、また、どちらの食品を摂取するかは第三者により無作為に振り分けられた。
    【主な結果】
    視機能の検査の結果から、VMAを7日間摂取した群はVMAを摂取しなかった群と比較して、VDT作業によるピント調節機能に関わる指標が改善していた。
    【科学的根拠の質】
    質が高いと言われる試験方法(無作為化比較試験)の結果であり、科学的根拠の質は高いと考えられ、同様な結果が得られている試験が複数存在することから、今後の研究により本試験の結果が覆る可能性は低いと考えられる。
    (構造化抄録)

    購入ページ

    関連ニュース

    関連コンテンツ


    一覧へ戻る