一覧へ戻る

食塩無添加トマトジュース

C343

商品詳細

届出番号 C343
商品名 食塩無添加トマトジュース
会社名 キッコーマン飲料株式会社 他製品
ウェブサイト https://www.kikkoman.co.jp/products/product/K550505/index.html
表示しようとする機能性 血圧のサポート
本品にはGABAが含まれます。GABAには血圧が高めの方の血圧を下げる機能があることが報告されています。
想定する主な対象者 血圧が高めの方
機能性関与成分名 GABA
  • GABA
  • 1日あたりの含有量 40mg
    摂取目安量 1日コップ1杯(200ml)を目安にお飲みください。
    摂取方法 1日コップ1杯(200ml)を目安にお飲みください。
    食品分類 清涼飲料水
    加工食品(その他)(トマトジュース(濃縮トマト還元))
    届出日 2017/12/08
    販売開始予定日 2018/04/23
    安全性の評価方法 食経験の評価
    機能性の評価方法 機能性関与成分に関する研究レビュー
    消費者庁(届け出詳細内容)
    変更履歴

    (H30.3.9)様式Ⅰ 本資料の作成日の変更
    (H30.3.9)別紙様式Ⅵ 表示見本の変更
    (H30.3.9)様式Ⅶ  届出食品に関する基本情報を修正
    (H30.3.9)様式Ⅶ 販売開始予定日の変更
    (H30.3.19)別紙様式Ⅵ 表示見本にキャンペーンシールを追加
    (H30.6.15)別紙様式Ⅵ 表示見本に1000mlペットボトル用ラベルを追加
                   注意文言を修正
    (H30.6.15)別紙様式Ⅱ-1を新様式へ変更
    (H30.6.15)別紙様式Ⅲ-1を新様式へ変更
    (H30.6.15)別紙様式Ⅲ-3を新様式へ変更
    (H30.6.15)様式Ⅲ 分析方法を示す文書を公開
    (H30.6.15)チェックリストを新様式へ変更

    撤回日
    届出撤回の事由

    届出者の評価

    安全性

    当該製品はJAS規格で定義されているトマトジュースであり、含有する機能性関与成分GABAはトマトに由来する。機能性表示していない従来製品(商品名:食塩無添加トマトジュース)は、1978年から販売しており、2016年の年間で約914万本の販売実績があるが、これまで本品に起因する健康被害の報告は確認されていない。なお、従来製品ではGABAの含有量を表示していないが、原材料とその配合、製造方法等が同様であることから、GABAの含有量は同等であると考えられる。したがって、当該製品は喫食実績による食経験の評価により、十分な安全性が確認されている。

    機能性

    標題:最終製品「食塩無添加トマトジュース」に含有する機能性関与成分GABAによる血圧が高めの方の血圧を低下させる機能性に関する研究レビュー

    目的:GABAの摂取により血圧が高めの方の血圧が低下するかを検証することを目的として、研究レビューを実施した。
    背景:近年、食生活の変化や過食、運動不足による高血圧症などの生活習慣病の罹患率、及びそれらによる死亡リスクは拡大の一途をたどっており、大きな社会問題の一つとなっている。一方、GABAには様々な生理機能があることが報告されており、血圧改善機能についても研究されている。そこで、GABAの摂取による血圧低下機能について総合的に評価することとした。
    レビュー対象とした研究の特性:GABAの摂取により、対照群と比較して、血圧が高めの健常人(正常高値血圧者)及びⅠ度高血圧者において、高めの血圧(収縮期血圧及び拡張期血圧)が低下するかを、ランダム化比較試験(RCT)または準ランダム化比較試験(CCT)により検証した研究をレビューの対象とした。
    主な結果:論文検索、選抜により、8報の研究論文をレビューの対象とした。各研究の定量的統合は行わず定性的な評価を行った。その結果、エビデンス総体として評価した機能性について肯定的な根拠があると判断された。また、疾病に罹患していない者(正常高値血圧者)のデータのみを対象とした層別解析においても機能性について肯定的な根拠があると判断され、1日当たり12.3~80mgのGABAの摂取は健常人において高めの血圧を低下させることに有効であると評価した。
    科学的根拠の質:レビュー対象とした8報の研究論文のバイアスリスク、非直接性、非一貫性、その他のリスクを評価し、効果があるとされる質が中程度以上の論文が多数を占めたため、機能性について肯定的な根拠があると判断し、エビデンス総体の強さは中程度と評価した。なお、研究レビューにおいて疾病に罹患していない者のみを対象とした層別解析を実施しているものの、対象者としてⅠ度高血圧者を含むため、1次研究の参加者に潜在的なサンプリング・バイアスがある可能性が否定できない。また、定性的な研究レビューであるため、定量的な結果の統合は実施していない。

    購入ページ

    関連ニュース

    関連コンテンツ


    一覧へ戻る