一覧へ戻る

イチョウ葉エキス粒

商品詳細

届出番号 C121
商品名 イチョウ葉エキス粒
会社名 株式会社エーエフシー 他製品
ウェブサイト http://www.afc-shop.com/top/
表示しようとする機能性 記憶の精度を高める
本品にはイチョウ葉フラボノイド配糖体、イチョウ葉テルペンラクトンが含まれます。この2つの成分には、認知機能の一部である記憶力(加齢により低下する日常生活で見聞きした情報を覚え、思い出す力)を維持する機能があることが報告されています。
想定する主な対象者 健康な中年期から高年期の方
機能性関与成分名 イチョウ葉フラボノイド配糖体、イチョウ葉テルペンラクトン
  • イチョウ葉テルペンラクトン
  • イチョウ葉フラボノイド配糖体
  • 1日あたりの含有量 イチョウ葉フラボノイド配糖体30mg、イチョウ葉テルペンラクトン7.2mg。
    摂取目安量 1日2粒を目安に水などでお召し上がりください。
    摂取方法 「一日当たりの摂取目安量」の項目に合わせて表示
    摂取をする上での注意事項 ●1日の摂取目安量を守って下さい。 ●本品の過剰摂取は出血傾向を高める恐れがありますのでお控えください。 ●血液凝固抑制剤やワルファリンなどの抗血栓薬を服用している方は本品の摂取を避けて下さい。 ●食物アレルギーのある方、薬を服用したり通院中の方は、お召し上がりになる前にお医者様とご相談ください。
    届出日 2017/06/14
    販売開始予定日 2017/08/20
    販売状況 販売中
    食品分類 栄養補助食品
    加工食品(サプリメント形状)【イチョウ葉エキス末加工食品】
    安全性の評価方法 喫食実績の評価
    機能性の評価方法 機能性関与成分に関する研究レビュー
    確認を行った事業者団体等の名称
    消費者庁(届け出詳細内容)
    変更履歴

    (2017.08.21) 別紙様式(Ⅲ)-1の変更
    (2018.07.13) 届出食品基本情報、チェックリスト、別紙様式(Ⅱ)-1、様式Ⅲ(添付資料)、別紙様式(Ⅲ)-1、別紙様式(Ⅲ)-3、別紙様式(Ⅴ)-11a、別紙様式(Ⅴ)-13a、表示見本、様式Ⅶの変更
    (2019.09.07) チェックリスト、別紙様式(Ⅱ)-1、別紙様式(Ⅲ)-3、様式Ⅲ(添付資料)、別紙様式(Ⅶ)-1の変更
    (2021.04.06) チェックリスト、表示見本の変更
    (2023.01.17) 様式Ⅰ、別紙様式(Ⅲ)-1及び別紙様式(Ⅲ)-3の変更
    (2024.03.27) 届出食品基本情報、チェックリスト、様式Ⅰ、様式Ⅱ別紙様式(Ⅱ)-1、別紙様式(Ⅴ)-4の変更

    撤回日
    届出撤回の事由

    届出者の評価

    安全性

    1. 喫食実績による食経験の評価
    類似製品は、2011年~2016年12月までの間、日本全国において機能性関与成分 イチョウ葉フラボノイド配糖体55.2~110.4㎎・イチョウ葉テルペンラクトン 13.8~27.6㎎/2~4粒を含有した製品として、56,000袋の販売実績がある。販売期間中、重大・重篤な健康被害は報告されていない。
    また当該製品は、2017年~2024年2月時点で、日本全国において機能性関与成分 イチョウ葉フラボノイド配糖体 30mg・イチョウ葉テルペンラクトン 7.2mg/2粒を含有した製品として、約8690袋の販売実績がある。当該製品においても現在までに重大・重篤な健康被害は報告されていない。
    以上より、当該製品及び類似製品の喫食実績から十分な食経験があること、当該製品に含まれる機能性関与成分の一日摂取目安量が類似製品の摂取量より少なく、これまでに重大・重篤な健康被害が発生していないことから、人の健康を害する恐れはないと判断した。

    2. 既存情報を用いた食経験の評価(補足)
    日本国内では、欧米と同様にイチョウ葉由来フラボノイド配糖体(24%以上)やイチョウ葉由来テルペンラクトン(6%以上)、ギンコール酸(5ppm以下)の品質規格基準が設定されており、一日摂取目安量は上記の規格化イチョウ葉エキス末として60~240mg/日である。また、イチョウ葉由来フラボノイド配糖体 14.4~144mg・イチョウ葉由来テルペンラクトン 3.6~36mgの既存情報(各上限値は、認知機能の改善に作用するイチョウ葉エキスの上限量600mgを参照)が確認された。
    当該製品に使用したイチョウ葉エキスは上記と同様の規格であり、機能性関与成分の一日摂取目安量も前述の1日摂取目安量の範囲内である。
    以上より、規格化イチョウ葉エキス末の経口摂取は、適切な量であれば安全性に問題はないと考えられる。

    3. 医薬品との相互作用に関する評価
    イチョウ葉抽出物の医薬品との相互作用に対しては、血液凝固抑制薬により代謝される医薬品、血糖降下薬と相互作用を起こす可能性が報告されているため、商品パッケージに注意喚起を記載し、消費者への摂取上の注意を促すことで、当該製品摂取により起こる可能性のある健康被害を防止できると判断した。

    機能性

    【標題】
    経口摂取のイチョウ葉抽出物が認知機能の低下に及ぼす影響についての研究レビュー
    【目的】
    健康な方がイチョウ葉抽出物(機能性関与成分:イチョウ葉フラボノイド配糖体、イチョウ葉テルペンラクトン)を経口摂取した場合に、プラセボ群(イチョウ葉を摂取していない群)と比較して認知機能の一部である記憶力を維持できるかどうかについて検証することを目的とした。
    【背景】
    イチョウ葉抽出物は、1960年代にドイツ企業において研究・開発され、脳や末梢の血流改善に効果があるとして使用が始められました。これまでにイチョウ葉抽出物の認知機能についての影響を検証した研究は多数報告されている。
    【レビュー対象とした研究の特性】
    海外データベース(検索対象:1946年~2016年)、国内データベース(検索対象:1977年~2016年)の2種のデータベースを用いて2016年3月22日に臨床試験の文献検索を行った。検索結果から、健康な中年期から高年期の方(45歳以上)を対象にしたプラセボ対照二重盲検並行群間比較試験(RCT)の論文を抽出した。その結果4報が得られた。抽出した文献中に重大な利益相反は確認されなかった。
    【主な結果】
    採用した4報において、健康な中年期~高年期の方が1日あたり80mg以上のイチョウ葉抽出物を摂取した場合、認知機能のうち記憶の保持・検索・再生に関わる項目についてプラセボ群と比較して有効性が確認された。また、イチョウ葉抽出物の経口摂取に起因する重篤な有害事象は報告されていない。
    これらのデータの日本人への外挿性ならびに試験食品と届出品の同等性にも問題は無いと判断した。
    【科学的根拠の質】
    選択した4論文の内容の妥当性・信頼性について検討した。未発表データの存在は完全には否めないが、論文の収集は科学技術および医療分野の主要なデータベースを使用しているため、公開研究はほぼ網羅されていると考える。その他バイアス(偏見、先入観など)をはじめ、科学的根拠の質に影響を及ぼす深刻な問題は無いと判断する。なお、近い将来日本人を対象とした臨床試験データを加味し、追加的に考察できることが望まれる。

    関連コンテンツ


    一覧へ戻る