一覧へ戻る

べにふうき緑茶ティーバッグ

A67

商品詳細

届出番号 A67
商品名 べにふうき緑茶ティーバッグ
会社名 JAかごしま茶業株式会社 他製品
ウェブサイト www.jachagyo.jp/menu.htm
表示しようとする機能性 目や鼻の不快感を緩和
本品にはメチル化カテキン(エピガロカテキン-3-O-(3-O-メチル)ガレート)が含まれます。メチル化カテキンは、ハウスダストやほこりなどによる目や鼻の不快感を軽減することが報告されています。
想定する主な対象者 ハウスダストやほこりなどにより、目や鼻に不快感を有している成人男女。
機能性関与成分名 メチル化カテキン(エピガロカテキン-3-O-(3-O-メチル)ガレート)
  • メチル化カテキン
  • 1日あたりの含有量 34mg/3包(抽出後)
    摂取目安量 3包(9g)
    摂取方法 大きめのマグカップにティーバッグを1包入れ熱湯を150ml~180ml注いで、2分間ティーバッグを上下によく振って抽出し、冷ましてお召し上がりください。抽出後は、速やかにティーバッグを取り出してください。
    食品分類 清涼飲料水
    加工食品(その他)(煎茶)
    届出日 2015/06/21
    販売開始予定日 2015/09/01
    安全性の評価方法 食経験の評価
    機能性の評価方法 機能性関与成分に関する研究レビュー
    消費者庁(届け出詳細内容)
    変更履歴

    (H27.8.21)機能性情報を修正
    (H28.3.31)一般向け公開情報を機能性情報の差替えに伴い変更
    (H28.3.31)機能性情報を差替え
    (H29.7.6)問い合わせ先の担当部局及びURL、転記文字数の調整による変更、様式Ⅲ-3添付資料の修正(別添2機能性関与成分に関する操作手順)および表示見本の修正・追加

    届出者の評価

    安全性

    茶の飲用は中国では2000年以上、日本でも1000年以上の歴史を持ち現在、世界では年間300万tの茶が生産・消費されている。日本は、茶の植栽できる北限の地である。元々、野生茶はあったが中国小葉樹の移植は中国江南地方からである。805年に比叡山の最澄らが唐から茶樹を持ち帰って畿内に植えたとされ、当時茶は中国、日本ともに茶薬といった。嗜好性食品になるのは、1191年に明庵栄西が宋から茶の小葉樹茶を九州山地に植栽したのが始まりでその後、明恵が山城栂尾に移植し、山城醍醐、宇治に広がり更に駿河、武蔵にまで達したといわれている。日本では、明治時代から茶の育成が盛んに行われ、これまでに多くの品種が育成されている。その中でも「べにふうき」は昭和40年に農林省茶業試験場枕崎支場においてべにほまれを母親、枕Cd86を父親とした交配組合せで得られた実生群の中から選抜・育成された品種(農林登録:平成5年)であり、メチル化カテキンが多く含まれる。「べにふうき」は、平成20年に栽培面積が100ha(年間生産量約500t)になり、緑茶として広く全国で飲用されてきた。「べにふうき」緑茶に関しては、今まで主だった健康被害は報告されておらず、安全であると考えられる。また、「べにふうき」と同一のメチル化カテキンが、元々静岡在来種などにも含まれており(在来種S6等)、これは聖一国師らが800年前に日本に持ちこんだものである。その後代の品種である「かなやみどり」は、全国で555ha(平成26年・年間生産量約1550t)が栽培されており、緑茶として広く飲用されている。さらに、生産量第2位をほこる「ゆたかみどり」もメチル化カテキンを含んでおり、全国で2472ha(平成26年・年間生産量約1万t)、緑茶として製造され日本中で広く飲用されている。このため、メチル化カテキンは日本人にとって飲食経験の豊富な茶に含まれる天然物質であり、十分な喫食実績を有していると考えられる。さらに、厚生労働省による国民健康・栄養調査(平成24年)によると、嗜好飲料類として1人当たり1日平均261.2mlの茶を消費している。特に多い地域として東海地域や南九州地域で1人当たり平均312.2ml及び318.5mlの茶を嗜好飲料類として1日に消費している。これらのことから、茶は昔から飲まれているが、主だった健康被害は報告されておらず安全であると考えられる。

    機能性

    べにふうき緑茶ティーバッグに含まれる機能性関与成分メチル化カテキンの継続的な摂取による目や鼻の不快感軽減に関する研究レビュー
    【目的】外部環境に曝されている目や鼻には、ハウスダストやほこりなどの異物を排除する機能が備わっているが、その機能が過剰に亢進すると日常生活に支障をきたす。そこで、ハウスダストやほこりなどに暴露された時に目や鼻の不快感を感じる者において、緑茶に多く含まれるメチル化カテキンの継続的な摂取が、目や鼻の不快感を軽減させるかを検証するため、定性的研究レビューを実施した。
    【方法】(公財)日本健康・栄養食品協会および国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 食品総合研究所からなる農林水産物の機能性調査部会(以下、農林水産物の機能性調査部会という)のレビューワー3名が、リサーチクエスチョン「メチル化カテキンの継続的な摂取は、対照群と比較して、目や鼻の不快感を軽減させるか?」に基づいて、検索式を設定し、3つのデータベース(PubMed、JDreamⅢ、医中誌Web)より文献検索を実施した。検索により特定された文献を適格基準に基づいて採用文献と除外文献に分別した後、「論文の質の評価」により、一定水準以上の研究レベル(QL3以上)であるかを採用条件とした。採用文献の「ハウスダストやほこりなどによる目や鼻の不快感を軽減する」に係る評価項目を効果指標として定性的研究レビューを実施し、研究レビューの総合評価は、5名の学識経験者からなる農林水産物の機能性評価委員会にて、【科学的根拠レベル総合評価】、【「研究タイプ、質、数」の目安】、【一貫性の目安】についてA~Eの5段階で評価した。
    【結果】適格基準に合致するエビデンスとして4報の文献を採用した。緑茶に含まれるメチル化カテキン(1日26.8mg~34.9mg)の継続的な摂取により、目や鼻のアレルギー症状スコアに有意な低下が認められ、ハウスダストやほこりなどに暴露された時の目や鼻の不快感を軽減させることが示唆された。農林水産物の機能性評価委員会における評価結果は、【科学的根拠レベル総合評価】:A、【「研究タイプ、質、数」の目安】:B、【一貫性の目安】:Aであった。
    【結論】採用文献数が4報と少なく、すべて同じ研究グループの報告であることから、有効性が認められた効果指標に限定的な面はあるが、緑茶に含まれるメチル化カテキン 26.8mg~34.9mg/日の継続的な摂取は、「ハウスダストやほこりなどによる目や鼻の不快感を軽減する」に対して一貫して示唆的な科学的根拠を有しており、「ハウスダストやほこりなどによる目や鼻の不快感を軽減する」機能を有すると考えられた。
    (構造化抄録)

    購入ページ

    オンラインショップ

    関連ニュース

    日付 カテゴリ 見出し 報道機関
    2015/09/17 プレスリリース 抗アレルギー作用ある機能性表示食品「べにふうき」緑茶発売 農協協同組合新聞
    2016/08/04 プレスリリース 《茶況》 べにふうき緑茶 機能性表示食品に 中日新聞

    一覧へ戻る